Topトップへ

ボランティア論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

ボランティア論担当: 川眞田 政夫(かわまた まさお)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 前期

目的と内容および到達目標

ボランティア活動は社会におけるさまざまな課題を背景として行われている。それ故、ボランティア活動は活力ある持続的な地域社会を築く上でも重要な役割を果たしている。それと同時に、ボランティア(ボランティア活動をする人)自身の自己開発やさまざまな能力を開発する機会でもある。本講義では、ボランティア活動の基本概念・歴史・社会的意義など基礎的な知識を学び、ボランティア活動の活動領域・活動形態・活動動機の多様性を知り、自己との接点を見いだし、ボランティア活動を実践する素地を養う。

到達目標は以下のとおりである。
・ボランティア活動に必要なスキルを身につける。
・ボランティア活動の社会的意義を理解している。
・社会における課題を発見し、ボランティア活動の可能性を検討することができる。

授業計画

[前期]
1.ボランティア活動とは
2.ボランティア活動を支える理念・理想
3.ボランティア活動の意義
4.ボランティアの歴史①
5.ボランティアの歴史② 6.ボランティア活動の行動プロセス①
7.ボランティア活動の行動プロセス② 8.ボランティアと公共活動
9.情報ネットワーク社会のボランティア
10.地域の課題を発見する
11.地域のボランティア活動
12.教育とボランティア 13.まちづくりとボランティア
14.ボランティアマネジメント
15.グループワーク

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

業計画に沿って、パワーポイントを映写し、講義する。
毎回、出席確認する。

試験と成績評価

リアクション・ペーパー(30%)、課題レポート(50%)、グループワーク(20%)を総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

ボランティア活動への自主的な参加経験がある者、または授業内におけるサービス活動に積極的に参加する意志のある学生の受講を希望する。
学外でのサービス活動の際には交通費等の自己負担が生じる場合がある。

使用教材

教科書 :使用しない(適宜プリントを配布)
参考書 :『新ボランティア学のすすめ』内海 成治・中村 安秀編(昭和堂)
  『「ボランティア」の誕生と終焉 -〈贈与のパラドックス〉の知識社会学』仁平 典宏(名古屋大学出版会)
    『学生のためのボランティア論』岡本栄一他編(社会福祉法人 大阪ボランティア協会)