Topトップへ

特別支援教育 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

特別支援教育担当: 松下 高広(まつした たかひろ)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

発達障害や知的障害をはじめとする様々な障害等により、特別な支援を必要とする子どもが幼児教育施設や障害児施設等に困難を抱えながら生活している現状を理解する。そして、こうした子どもの学習又は生活上の困難を理解し、諸活動への達成感をもちながら生活するために必要な支援に関する知識や方法を身に付けることを目指す。
  障害の有無に関わらず特別な支援を必要とする子どもに対して、障害特性や心身の発達への理解を深め、学習上又は生活上の困難とその対応の仕方を学ぶ。また、個別指導計画及び個別教育支援計画の作成と活用を理解する。
到達目標は以下のとおりである。
 ・特別な支援を要する子どもとその障害の基本的な理解
 ・特別な支援を必要とする子どもの教育課程及びニーズに応じた支援の方法の理解
 ・特別な教育的ニーズのある子どもの実態把握や支援・連携の実際

授業計画

[前期]
1.特別支援教育とは何か:障害の概要と対象、様々な教育的ニーズ
2.特別支援教育・障害児保育に関する歴史的変遷
3.様々な障害の特性①:視覚・聴覚障害児の理解と学習・生活上の援助
4.様々な障害の特性②:肢体不自由児の理解と学習・生活上の援助
5.様々な障害の特性③:知的障害児の理解と学習・生活上の援助
6.様々な障害の特性④:発達障害児の理解と学習・生活上の援助(1)限局性学習症・ADHD
7.様々な障害の特性⑤:発達障害児の理解と学習・生活上の援助(2)自閉症スペクトラム
8.支援の方法①:個々の発達を促す生活や遊びの環境
9.支援の方法②:子ども同士の関わりと育ち合いについて
10.教育課程の考え方①:指導計画・教育支援計画の意義
11.教育課程の考え方②:指導計画・教育支援計画の作成
12.支援体制の構築①:保護者や家庭に対する支援
13.支援体制の構築②:専門機関との連携
14.支援体制の構築③:小学校との連携(通級指導、自立活動等)
15.福祉分野からみた特別支援教育の現状と課題

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

1.前期は特別支援教育、障害理解など、実践上知っておくべき事項を概論として展開していく。
2.資料(パワーポイント資料、参考資料)は適宜配布する。
3.体験学習や演習、ビデオ教材等を取り入れ、より実践的に展開する。

試験と成績評価

1.前期は講義後半にレポートを課す。
2.講義での取り組み状況も評価の対象とする。
3.レポート 80%、取り組み状況 20%とし、これらを総合して評価する。

担当教員から受講生諸君へ

「障害」と聞いて皆さんはどのようなイメージをもつだろうか。また指導者として子どもの前に立つ時、どんなことを大切にして子どもと接することが必要なのだろうか。子どもの在りようや成長発達、保護者の願いを常に念頭に置き、多様な観点から障害を考え、皆さんの障害観・保育観を深めていく基礎的な時間としたい。積極的な学びを期待している。

使用教材

教科書 :西村重稀・水田敏郎編著『基本保育シリーズ17 障害児保育』中央法規,2015年
参考書 :前田泰弘編著『実践に生かす障害児保育・特別支援教育』萌文書林,2019年