Topトップへ

体育 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

体育担当: 坂井 莉野(さかい りの)

開講コース

保育学科 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

幼稚園教育要領に示された領域「健康」のねらい及び内容について背景にある専門領域と関連させて理解を深めるために、幼児の発達に即して、主体的・対話的で深い学びが実現するよう具体的な指導場面を想定して保育を構想する方法を身に付ける。また、保育者として育みたい資質・能力について理解し、「安全」かつ「楽しみながら」子どもたちの心身の成長を促すことができる多様な運動遊びを習得し実践する。その際、乳幼児期の運動発達の特徴と意義、生活習慣の形成についても理解する。
到達目標は以下のとおりである。
・幼稚園教育要領及び保育所保育指針に示されている保育内容を踏まえ、保育者として必要な領域「健康」のねらい・内容を学ぶ。
・自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養うというねらいを達成するために、乳幼児の発育・発達や学びの過程を理解する。
・日常生活習慣の確立を支援するとともに、社会環境と運動遊びなどを含む子どもを取り巻く状況について学ぶ。

授業計画

[前期]
1.幼稚園教育要領等に基づく「健康」のねらい及び内容の理解
2.乳幼児期の身体的、運動的発達の特徴
3.乳幼児期の持久力や瞬発力、敏捷性や協応性
4.乳幼児理解に基づく物的環境と人的環境確保の理解
5.乳幼児理解に基づく社会的環境への理解と運動遊び
の実践
6.動きを引き出す環境に必要な遊具の役割
7.乳幼児の発達段階で異なる興味・関心への理解
8.多様な動きを引き出す在り方(ボール遊び)
9.乳幼児期の長なわへの興味・関心を習得
10.保育者としての援助と安全への配慮の理解(長なわ)
11.乳幼児の短なわ・長なわを通して多様な動きを習得
12.外気にふれ、協調性・主体性を引き出す在り方
13.自然に対する興味・関心への理解
14.日常における運動習慣と生活習慣への配慮と意義
15.乳幼児期の怪我の特徴と安全配慮の理解と指導法

[後期]
1. 幼稚園教育要領に基づく領域「健康」のねらい、内容、全体構造の理解
2. 乳幼児期の動き等を視野に入れた保育構想の重要性
3. 乳幼児理解に基づく心情、認識、思考等の理解
4.幼稚園教育要領に基づく評価についての考え方
5.乳幼児期の経験から小学校教科等へのつながりの理解
6.現代的課題や保育実践の動向を把握し、小学校教科等のつながりへの理解
7.幼児の心身の発達の理解と経験していく内容の習得
8.乳幼児理解に基づく情報機器及び教材の作成
9.乳幼児理解に基づく具体的な保育構想と指導法
10.乳幼児期の発達に応じた指導案の構造と作成Ⅰ
11.乳幼児期の発達に応じた指導案の構造と作成Ⅱ
12.模擬保育の振り返りと保育の改善Ⅰ
13.模擬保育の振り返りと保育の改善Ⅱ
14.乳幼児期の経験とその内容における評価について
15.保育実践の動向と保育構想の向上へのつながり方

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

基本的には実技中心で授業を進め、AおよびBクラスに分かれて実施する。
毎時間の活動・学習内容の要点をノートにまとめ「体育ノート」として提出する。

試験と成績評価

毎時間の学習内容のまとめ(体育ノート)(60%)
グループ活動による取り組みの様子(40%)

担当教員から受講生諸君へ

運動着(ジャージなど伸縮性のあるもの)、運動靴(屋内、屋外用)を必ず用意すること。
※ジーンズ、スカート、サンダル、ヒールでの授業参加は認めない。
子どもにとって遊びは仕事である。様々な遊びを通して、子どもたちにどのように成長してほしいのか、そんな子どもと関わっていく自分はどのような保育者になるのか、将来の自分をイメージしながら活動に自ら積極的に取り組んでほしい。

使用教材

教科書:なし。
参考書:岩崎洋子 編者『保育と幼児期の運動あそび』 萌文書林
    柳沢秋孝 著者『「生きる力」を育む 幼児のための柳沢運動プログラム』 オフィスエム