Topトップへ

体育実技 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

体育実技担当: 秋月  茜(あきづき あかね)

開講コース

保育学科 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

1年次に幼稚園教育要領に示された領域「健康」のねらい及び内容について理解を深めた上で、更に乳幼児の発達に即して、主体的・対話的な学びが実現するよう具体的な場面を想定して保育を構想する方法を身につける。その際、様々な運動遊びをする中で、その魅力に気づき、子どもたちに伝えられるよう正しく理解する。

 到達目標は以下のとおりである。
 ・乳幼児期に身に付けたい基本運動と応用方法を理解する。
 ・様々な運動遊びを安全に行うための技術を獲得し、運動遊びの大切さを理解する。
 ・保育者として必要な発想力や身体活動能力を身に付け、子どもたちの心身の成長を促すことができる多様な運動遊びを習得し実践する。

授業計画

[前期]
1. 乳幼児期の運動遊びとその理解
2. 乳幼児期の運動遊びとその指導法
3. ボール遊び(捕る・投げる・渡す・受け取る)
4. ボール遊び(蹴る・転がす・持つ・運ぶ)
5. ボール遊び(指導案作成・実践)
6. ボール遊び(実践・改善・反省)
7. 縄遊び(歩く・走る・回る)
8.縄遊び(跳ぶ・よける・這う)
9.縄遊び(指導案作成・実践)
10.縄遊び(実践・改善・反省)
11.フラフープ遊び
12.新聞紙遊び
13.リレー遊び(座る・立つ・走る)
14.リレー遊び(指導案作成・実践)
15.リレー遊び(実践・改善・反省)

[後期]
1. 身体ほぐしと表現遊び(指定曲による創作)
2. 身体ほぐしと表現遊び(自由曲による創作)
3. サーキット遊び(渡る・転がる・跳ねる・押す・引く)
4. サーキット遊び(指導案作成・実践)
5. サーキット遊び(実践・改善・反省)
6.運動遊びの実践(遊びの計画・指導案作成)
7.運動遊びの実践(実践・改善・反省)
8.運動遊びの実践(実践発表・振り返り)

単位数

2単位、授業回数:23回

講義の進め方

・主に体育館・屋外で実技を行う。
・グループ活動による取り組み、発表をしてもらう回もある。

試験と成績評価

・授業の取り組み状況(40%)
・グループ活動による取り組み(指導案作成~反省)(60%)

担当教員から受講生諸君へ

・運動しやすい服装・靴、および防寒具を用意しておくこと。

使用教材

・必要に応じて資料を配布する。