Topトップへ

ソルフェージュ(中級) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

ソルフェージュ(中級)担当: 土門 裕之(どもん ひろゆき)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

ソルフェージュ(初級)で修得した音感をさらに高め、音楽的理解と表現に活かすことを目的としている。

到達目標は以下のとおりである。
 ・様々な拍・拍子を論理的かつ感覚的に理解できる。
 ・カノンなどの複雑な音楽形式にも対応できる音感と記憶力を修得する。
 ・指揮をしながら簡易なリズミックパターンを豊かに表現できる。
 ・身体(からだ)全体を使って、フレーズに秘められた感情を豊かに表現できる。
 ・導音の機能と重要性を理解できる。
 ・簡易な視唱ができる。

授業計画

[前期]
1. 様々な拍子による曲の視唱、ハーモニーの聞き取り、メロディーの聴き取りⅠ(ハ長調・ヘ長調)
2. 様々な拍子による曲の視唱、ハーモニーの聞き取り、メロディーの聴き取りⅡ(ト長調・イ短調)
3.様々な拍子による曲の視唱、ハーモニーの聞き取り、メロディーの聴き取りⅢ(ニ長調・イ長調)
4.様々な拍子による曲の視唱、ハーモニーの聞き取り、メロディーの聴き取りⅣ(ハ短調・ニ短調)
5.様々な拍子による曲の視唱、ハーモニーの聞き取り、メロディーの聴き取りⅤ(ト短調・ホ短調)
6.バイナリービート(2分割拍)、ターナリービート(3分割拍)
7.アナクルーシス、クルーシス、メタクルーシス、拍の統合と分割
8.補足リズムによる歌唱と動きⅠ(バイナリービート)
9.補足リズムによる歌唱と動きⅡ(ターナリービート)
10.リズミックパターンの縮小と拡大Ⅰ(クラップ)
11.リズミックパターンの縮小と拡大Ⅱ(ステップ)
12.シンコペーション、アーティキュレーションの理解
13.教会旋法(エオリア・ドリア)
14.機能和声(属和音)における限定進行音と導音の役割
15.ソルフェージュ課題による身体を用いた学習方法の事例紹介と体験、及び達成度確認

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

テキストに沿って視唱練習を進めるとともに、様々な音楽的理解を深めるため配付資料を用いて音楽解析を行う。

試験と成績評価

定期試験は実施しない。成績評価は実技到達度(80%)及び提出物(20%)で行う。

担当教員から受講生諸君へ

記譜することが多いので、五線譜を持参すること。また、初見力獲得には積み重ねが大切なので、予習を含めた日々の研鑽を怠らないこと。また、常に動きを伴うので、動きやすい服装で受講すること。

使用教材

教科書 :木許隆・土門裕之著『音楽の基礎』圭文社
     エミール・ジャック=ダルクローズ著『ダルクローズ論文集 リズムと音楽と教育』全音楽譜出版社
     エリザベス・バンドゥレスパー著『ダルクローズのリトミック』石丸由理訳 ドレミ楽譜出版社
   コンコーネ50番(中声用)全音楽譜出版社
     コールユーブンゲン(学生用)
参考書 :教科書以外の楽譜等については授業で配布する。