Topトップへ

身体表現演習Ⅰ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

身体表現演習Ⅰ担当: 前田 順二(まえだ じゅんじ)

開講コース

保育学科 1年次 前期

目的と内容および到達目標

乳幼児向けミュージカルの台本を取入れながら身体を使った表現、また個人に合った表現技法を伝えることを目的とするものである。「劇のおもしろさ、表現の楽しさ」をもっとも手軽な親しみやすい方法で味わいながら進めて行き、仲間作りと自己表現の手助けや応用になることが望ましい。
乳幼児向けミュージカルを中心に進めて行くが、受講する学生たちは大いに楽しみながら参加してほしい。
なお、身体表現演習Ⅱと特別研究の授業とリンクさせながら展開していく。

到達目標は以下のとおりである。
・総合的な制作力や表現力を身につけることができる。
・自己表現力が増し、表情に豊かさを生むことができる。

授業計画

[前期]乳幼児向けミュージカル台本を使い以下の事柄を順次応用する。  
1.乳幼児向けミュージカル台本をみんなで読み合わせる。
2.基本表現法について。
3.乳幼児向けミュージカル台本の内容をさらに理解しよう。
4.台詞表現について。
5.声の出し方や滑舌の練習。
6.静の中の「動」、動の中の「静」について。
7.声(台詞)を観客に届ける意識。
8.言葉、セリフの意味を感じよう。
9.小道具を使って演技をしよう。
10.物語の 起承転結について。
11.感情表現について・・。
12.芝居の動きを考えよう。
13.台詞と動きを合わせてみよう。
14.小道具や大道具、衣装なども使って表現してみよう。
15.授業内発表

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

学生たち一人ひとりに演技空間を感じさせながら、照れや恥ずかしさを取除き自己表現の楽しさ喜びを与え、人間関係、協調性、責任感そして主体性などを自然に育むよう進める。

試験と成績評価

成績評価は講義毎の達成率50%、協調性・責任感30%、授業への意欲・発表20%で行う。

担当教員から受講生諸君へ

受講にあたっては、室内シューズと軽い運動着が望ましい。
仲間作りと協力し合える関係を築き上げながら内面の成長を望む。
他の科目とリンクして進めるので、どの科目も欠席をせずに学んでほしい。

使用教材

テキストなど、必要な資料は授業で配布する。
教科書 :乳幼児向けミュージカル台本
参考書 :