Topトップへ

領域音楽表現 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

領域音楽表現担当: 土門 裕之(どもん ひろゆき)

開講コース

保育学科 1年次 前期

目的と内容および到達目標

領域「表現」のねらい及び内容を理解するとともに、乳幼児の発達や学びの過程を理解し、領域「表現」に関わる具体的な指導場面を想定した保育を構想する方法を身に付ける。
到達目標は以下のとおりである。
・領域「表現」のねらい及び内容、乳幼児が経験し身に付けていく内容と指導上の留意点並びに全体構造を理解している。
・評価の考え方、小学校の教科等とのつながりを理解している。
・乳幼児の心情、認識、思考及び動き等を視野に入れた保育の構想の重要性を理解している。
・領域「表現」の特性および乳幼児の体験との関連を考慮した情報機器及び教材の活用方法を理解し、保育構想に活用することができる。
・指導案の構想を理解し、具体的な保育を想定した指導案を作成するとともに、模擬保育とその振り返りを通して、保育を改善する視点を身に付けている。
・領域「表現」の特性に応じた保育実践の動向を知り、保育構想の向上に取り組むことができる。

授業計画

[前期]
1.表現とは何か。表現の生成過程を分析的に捉え、領域「表現」のねらい及び内容を理解する。
2.表現する楽しさや意欲、探求心、向上心の分析。音や音楽への興味関心の導き方。
3.リトミックの基礎体験①表現できる柔軟な身体の動かし方。
4.リトミックの基礎体験②動きを用いて拍子やビート、テンポ感などの音楽的要素を学ぶ。
5.リトミックの基礎体験③オノマトペ(擬音)を用いて表現の幅を広げる(即興表現)
6.子守歌や家庭でよく歌われる曲の理解と簡易伴奏法による練習計画の立案と実践。
7.行事や季節の歌の理解。それらの伴奏、弾き歌いの実践。
8.指遊び、手遊びの教育的効果と修得計画。
9.指導案の作成。
10.模擬保育実践。
11.模擬保育の振り返り。
12.簡易な楽器演奏法。
13.保育事例から子どもの創造性や感性を刺激する保育環境、保育者の役割について考える。
14.音楽表現活動の授業計画の構想と保・幼小接続について考える。
15.①ICTの活用と音楽表現活動の実際。②まとめ。

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

実技と理論的学習をミックスしながら展開する。

試験と成績評価

授業への参加意欲・態度の評価(20%)
レポートや小課題等の提出物(30%)、発表等による知識・理解、技能、創意工夫、完成度の総合的評価(50%)

担当教員から受講生諸君へ

羞恥心を捨てて積極的に表現活動を学んで欲しい。動きやすい服装で受講すること。

使用教材

教科書:「うたっておどっておもちゃ箱1&2」編集著者:鈴木恵津子(教育芸術社)
    「音楽の基礎」著者:木許隆・土門裕之他(圭文社)
    「改訂 幼児のための音楽教育」編者:神原雅之・鈴木恵津子(教育芸術社)
参考書:幼稚園教育要領(平成29年3月告示 文部科学省)
保育所保育指針(平成29年3月告示 厚生労働省)
幼保連携型認定こども園教育・保育要領(平成29年3月告示 内閣府、文部科学省、厚生労働省)
    必要に応じて適宜紹介するとともに参考資料等を配布する。