Topトップへ

ピアノ即興演奏法(中級) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

ピアノ即興演奏法(中級)担当: 新川 聡子(にいかわ さとこ)

開講コース

保育学科 2年次 後期

目的と内容および到達目標

幼児の表現活動を支援するためのピアノ即興演奏法を学ぶことが目的である。具体的には、四季や自然環境をイ
メージさせる奏法や、表現活動に必要な様々なヴァリエーションを学ぶ。なお、本科目は、リトミック関連資格取得のための必修科目でもある。

到達目標は以下のとおりである。
・ペンタトニックによる自由な即興表現を修得する。
・歩く・走る・ゆっくり歩く・スキップなどの動きを誘発するピアノ即興演奏法を修得する。
・春、夏、秋、冬、小鳥や動物、雷や風、波、喜び、悲しみ、恐怖などを表現するピアノ即興演奏法を修得する。
・人の動きを即興でフォローできる。

授業計画

[後期]
1.即興演奏概論と演奏事例の紹介(到達目標の具体的提示)
2.ペンタトニック奏法Ⅰ(黒鍵による)
3.ペンタトニック奏法Ⅱ(黒鍵を用いた指導者との連弾)
4.ペンタトニック奏法Ⅲ(黒鍵を用いた音楽的会話)
5.調整による即興演奏に必要なハーモニー感覚の修得Ⅰ(ハ長調)
6.調整による即興演奏に必要なハーモニー感覚の修得Ⅱ(ト長調)
7.調整による即興演奏に必要なハーモニー感覚の修得Ⅲ(ヘ長調)
8.調整による即興演奏に必要なハーモニー感覚の修得Ⅳ(イ短調)
9.対話による即興演奏(連弾)
10.カノン技法による即興演奏(連弾)
11.歩く・走る・スキップの奏法と留意点
12.即時反応等に応用できる効果音としてのピアノ奏法
13.保育プログラムでの模擬展開Ⅰ
14.保育プログラムでの模擬展開Ⅱ
15. 提示された課題の即興演奏発表と到達度確認

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

毎時、与えられた課題に沿って個々が即興演奏を試みる。様々な学生の即興表現を聴きながら、そこで発見する自己課題が次週への到達目標となるので、学習プロセスを丁寧に記録することが重要である。
資格認定のための補講と技能試験は別途実施する。
演習等の具体的容、詳細については、1回目の授業時に連絡する。

試験と成績評価

定期試験(技能試験)(70%)、毎回の授業の参加態度(30%)で行う。

担当教員から受講生諸君へ

毎時の取り組み姿勢と達成度が評価に直結するので、発見した自己課題の克服を大切にし、日々の研鑽を怠らないこと。また、課題集をしっかりと予習、復習すること。
身体を動かす授業であるため、動きやすい服装で、底の薄いシューズを用意すること。

使用教材

教科書 :『幼稚園・保育園のためのリトミック4』リトミック研究センター編(1991)
     『幼稚園・保育園のためのリトミック5』リトミック研究センター編(1991)
教材  :リズムカード
参考図書:エミール・ジャック=ダルクローズ著『リズムと音楽と教育』全音楽譜出版社(2003)
     岩崎光弘著『リトミックってなあに』ドレミ楽譜出版社(1993)