Topトップへ

ピアノ表現Ⅱ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

ピアノ表現Ⅱ担当: 萬・真保・松田・木村・中村・森永

開講コース

保育学科 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

ピアノ表現Ⅰで習得したピアノの演奏スキルを高め、幼児教育現場で実践できることを目指す。また、様々な伴奏法について理解を深め、実際に子どもの歌などを伴奏することも目指す。簡易伴奏においては、使用頻度の高いコードの理解とピアノ伴奏法への応用を学び、より多くの楽曲の伴奏を実践する。

 到達目標は以下のとおりである。
・ピアノの演奏スキルを高めながら、指定された練習曲や子どもの歌(実習先からの指定曲も含む)などの伴奏ができる。
・コードを用いて簡易的・即興的な伴奏ができる。

授業計画

[前期]
1. ガイダンス・クラス分け
2. CFGのコードの復習と簡易伴奏法
3. 簡易伴奏(指定14曲中/1~6曲目)
4. マイナーコードの活用と簡易伴奏法
5. 簡易伴奏(指定14曲中/7~10曲目)
6. ルート(根音)を活用した簡易伴奏法
7. 簡易伴奏(指定14曲中/11~14曲目)
8.子どもの歌(選択5曲中/1曲目)
9.子どもの歌(選択5曲中/2曲目)
10.子どもの歌(選択5曲中/3曲目)
11.子どもの歌のまとめ(1~3曲目弾き歌い)
12.子どもの歌(選択5曲中/4曲目)
13.子どもの歌(選択5曲中/5曲目)
14.子どもの歌のまとめ(4~5曲目弾き歌い)
15.各自の成果と課題について(自己評価)

[後期]
1.季節の歌(夏①)
2.季節の歌(夏②)
3.季節の歌(夏③)
4.季節の歌(秋①)
5.季節の歌(秋②)
6.季節の歌(秋③)
7.夏と秋の歌のまとめ(弾き歌い)
8.季節の歌(冬①)
9.季節の歌(冬②)
10.季節の歌(冬③)
11.季節の歌(春①)
12.季節の歌(春②)
13.季節の歌(春③)
14.冬と春の歌のまとめ(弾き歌い)
15.発表会形式による実技試験

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

隔週で、個人レッスンとML教室での個人練習またはグループレッスンを実施。
・個人レッスンでは、ピアノの個人指導を受ける。1コマで3~4名程度の学生が受講する。
・個人練習またはグループレッスンでは、MLシステムを使用しながら練習する。

試験と成績評価

ピアノの演奏スキルの習得とそれらに関する音楽理論の理解の状況について、レッスンの取り組みや課題の進捗状況(20%)、授業中の定期的な実技試験や発表会の内容(80%)で評価を行う。

担当教員から受講生諸君へ

ピアノの演奏は、幼児教育の現場において必須となることがある。幼児の音楽教育に熱心な施設では、演奏の頻度や難易度が高い場合もあり、あらかじめ準備が必要である。また、苦手意識のある学生は簡易伴奏法をしっかり身に付けておくことが重要である。

使用教材

教科書 :『うたのファンタジー』木許隆他(圭文社)、及びピアノ表現Ⅰで用いた『初級ピアノ速習ステップス』木許隆・土門裕之他(音楽の友社)、『簡易ピアノ伴奏による 実用 こどもの歌曲200選』松山祐士編(ドレミ楽譜出版社)