Topトップへ

NPO論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

NPO論担当: 工藤 遥(くどう はるか)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 前期

目的と内容および到達目標

NPO(Non-Profit Organization)は非営利組織と訳される。近年は日本でも大規模自然災害時の復興支援活動や福祉教育分野など、非営利組織の活動が目ざましい。本講義では、広義の非営利組織について概説した後に、その構成部分であるNPOの組織、活動、運営、法・制度、行政・企業との関係、課題などについて紹介・解説することを目的・内容とする。

到達目標は以下のとおりである。
・非営利組織の存在意義について理解できるようになる。
・非営利組織の活動・運営の基本について理解できるようになる。
・非営利組織と政府・営利企業との関係性について理解できるようになる。

授業計画

[前期]
1.授業ガイダンス、現代社会とNPO
2.NPOの定義と存在理由
3.NPOの歴史と現状
4.NPO活動の事例紹介
5.NPOと法・制度(NPO法)
6.NPOと法・制度(公益法人制度など)
7.NPOと行政との関係(新しい公共など)
8.NPOと行政との関係(指定管理者制度など)
9.NPOと福祉・まちづくり
10.NPOと企業との関係
11.社会起業家の事例紹介
12.社会的起業家と社会的企業について
13.NPOの運営
14.NPOの資金調達と評価
15.NPOの課題と展望

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

スライドを使って講義をする。教科書は使用せず、適宜プリントを配布する。統計データや新聞記事、映像資料等も教材として使用する予定である。授業の最後に出欠確認も兼ねたリアクションペーパーの提出を求める。
授業内で講義内容の理解・確認のための小テストを実施する。適宜ペア/グループでの意見交換なども行う。

試験と成績評価

リアクションペーパー(30%)、小テスト(20%)、期末レポート(50%)を総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

非営利組織の活動に関するニュース・記事、文献・資料、統計データなどを実際に自分で調べるなどして普段から情報収集しておくことを推奨する。

使用教材

教科書 :使用しない(適宜プリントを配布)。
参考書 :澤村明 他『はじめてのNPO論』(有斐閣)、川口清史 他編『よくわかるNPO・ボランティア』(ミネルヴァ書房)、雨森孝悦『テキストブックNPO』(東洋経済新報社)、山本隆 編著『社会的企業論―もうひとつの経済』(法律文化社)