Topトップへ

日本事情Ⅱ(留学生科目) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

日本事情Ⅱ(留学生科目)担当: 川眞田 政夫(かわまた まさお)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 後期

目的と内容および到達目標

本講義は留学生が、日本の習慣と日本の文化をより理解するための授業である。授業内容は日本人の住宅環境、食生活、食事のマナー、年間の行事・祝祭日、日本の芸道、娯楽、サラリーマン社会、文化、政治・経済などの例をあげ説明するので、これらを通じ母国の生活・文化と比較して習得する。これは日本の生活・文化を来日後できるだけ早い時期に習得し理解し、日本での生活に溶け込んでもらうことを目的とする。

到達目標は以下のとおりである。
・綺麗な日本語を話せるようになる。
・敬語の使い方が理解できる。
・社会人としての言葉使いができるようになる。
・日本の歴史や文化が理解できる。

授業計画

[後期]
1.日本語会話とあいづちの仕方
2.敬語の使い方
3.敬語の知識
4.若者言葉
5.大学生としての行動
6.社会人としての言葉使い
7.携帯電話のマナー
8.ごみの分別
9.交通ルール
10.日本のあゆみ(日本の歴史、天皇、明治維新)
11.日本のあゆみ(第二次世界大戦後の政治・経済)
12.現代日本の政治・経済
13.日本の地理(山、川、海、湖沼)
14.宗教(日本人の宗教)
15.日本の方言

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

教科書や配布プリントにそって、授業を進める。授業は日本の習慣や文化を紹介し、その内容を平易に説明しながら日本語会話、敬語の使い方を学習する。また、日本でのマナーやルールについても説明し、後半は日本の歴史につても理解を深める。各週の講義ともその目的・要点を明確にしつつ授業を展開する。

試験と成績評価

単元毎のレポート(50%)、最終の課題レポート(30%)授業に取り組む姿勢・意欲(20%)を総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

必ず全授業に出席すること。授業のノートを用意し、板書、説明箇所および重要部分は記述する。

使用教材

教科書 :使用しない(適宜プリントを配布)
参考書 :釜淵優子著『しごとの日本語』(アルク)、桂島宣弘著『留学生のための日本事情入門』(文理閣)
     日本事情・文化を教える(国際交流基金)、話すことを教える(国際交流基金)