Topトップへ

教育実習<指導> | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

教育実習<指導>担当: 保坂・高島・山田(克)・萬・坂井

開講コース

保育学科 1・2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

この講義は、教育実習(幼稚園実習)を実り豊かなものにするために、各実習の事前・事後指導として行われる講義である。
 実習では、保育現場で必要とされる諸能力と資質が求められる。この講義では、それらについての理解を深め、実習に臨むための十分な準備をし、実習で体験的に把握した内容を実習後にまとめ、問題点を追求し、将来に活かすことのできる力量を養うことを目的とする。

到達目標は以下のとおりである。
・幼稚園実習の概要、目的と内容を理解することができる。
・幼稚園の特徴や幼稚園での子どもの生活を理解することができる。
・保育の実際を理解し、実習日誌書き方や指導案の作成ができる。
・実習の意義と方法を理解し、実践の力を身に付けることができる。
・実習で把握した内容を実習後にまとめ、問題点を追求し、将来の進路選択に活かすことができる。

授業計画

[1年次]
1.オリエンテーション:教育実習とは何か
2.1年次教育実習の目的・意義
3.教育実習の形式と内容
4.実習園に関する事前学習①:実習園の決定
5.実習園に関する事前学習②:実習園の教育方針等
6.特別講義:幼稚園実習で望むこと
7.実習課題の立て方①:全体目標
8.実習課題の立て方②:個別目標
9.実習日誌の書き方①:デイリー記録について
10.実習日誌の書き方②:日誌記入の実践
11.指導案について①:指導案とは何か
12.実習心得について
13.実習の振り返り(自己評価・グループ討議)
14.2年実習報告会への参加学習
15.1年実習報告会

[2年次]
1.2年次教育実習の目的・意義
2.2年次実習の課題と目標
3.実習記録の書き方③:エピソード記録について
4.実習記録の書き方④:エピソード記録の実践
5.指導案作成と模擬保育①:描画・製作
6.指導案作成と模擬保育②:遊び・ゲーム
7.指導案作成と模擬保育③:運動
8.指導案作成と模擬保育④:音楽
9.指導案作成と模擬保育⑤:生活の流れ
10.指導案作成と模擬保育⑥:責任実習
11.実習心得について
12.実習の振り返り(自己評価・グループ討議)
13.実習報告会
14.幼稚園教諭に向けて①:実習から職場へ
15.幼稚園教諭にむけて②:指導計画・指導要録

単位数

1単位、授業回数:30回

講義の進め方

1年次では、実習までに準備しなければならない知識、技術、心構えなどの全般と、実習の初歩的な実践能力を身に付けることを目標とする。
2年次では、実習日誌の適切な記入方法や指導案作成に重点を置く。後期は進路別にプログラムを組み実習での反省を踏まえて学習する。

試験と成績評価

教育実習事前指導における提出物(15%)、事後指導における実習レポート(10%)、実習報告会(10%)を、教育実習評価(65%)と組み合わせて評価する。

担当教員から受講生諸君へ

毎時間、実習にかかわる重要な事柄を扱うため、この講義は特に重視して臨むこと。実習先の幼稚園をはじめ就職先となる保育の現場では、遅刻、欠席、提出物の遅れは厳しく評価される。この講義でも遅刻、欠席、提出物の遅れは厳しく評価する。保育者として必要な職業意識・倫理観を持ち、社会人としての準備をすること。

使用教材

教科書 :幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園保育・教育要領
     小櫃智子ほか(編)幼稚園・保育所・認定こども園実習パーフェクトガイド わかば社
参考書 :必要に応じてプリントを配布する。