Topトップへ

子どもの食と栄養 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

子どもの食と栄養担当: 赤松 朋香(あかまつ ともか)

開講コース

保育学科 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

小児期は食生活習慣の基礎が形作られる時期であり、子どもの食生活は親や園生活を支援する保育士の作り出す食環境が強い影響を与える。小児期においての適切な食生活を理解し、食教育実践の基礎づくりを目指す。

到達目標は以下のとおりである。
 ・子どもの発育・発達と食生活の関連についての理解を深める。
 ・栄養の基礎知識を習得する。


授業計画

[前期]
1. オリエンテーション
2. 子どもの健康と食生活の意義
3. 栄養に関する基本的知識 炭水化物・脂質
4.    〃        タンパク質・ミネラル・
5.   〃        ビタミン・水分
6. 食べ物の消化と吸収
7. 献立作成と調理の基本
8.子どもの発育・発達の基本 胎児期の食生活
9.乳児期の授乳 離乳の意義と食生活
10.調乳(演習)
11.幼児期の心身の発達と食生活
12.学童期の心身の発達と食生活 生涯発達と食生活
13.食育の基本と内容
14.家庭や児童福祉施設における食事と栄養
15.特別な配慮を要する子どもの食と栄養

[後期]2コマ連続授業
1.講義 :調理の基礎知識・献立のたて方・実習について                           
2. 実習1:離乳食(初期・中期・後期食)
3. 実習2:幼児食(保育所給食1~2才・3~5才)
4. 実習3:間食(身近な食材を利用しての手作りおやつ)
5. 実習4:お弁当(1日の約1/3量を目安として彩り、バランス・食べやすさなど配慮した内容)
6.実習5:行事食(子どもが喜ぶメニュー、班ごとに
デコレーションケーキを作る)
7.実習6:食物アレルギーを持つ子どもの食事
8.講義7:食教育・総まとめ

  A班・B班 隔週となる。

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

前期は授業計画に沿って教科書を中心に講義する。(パワーポイントを活用)
後期は調理実習を6回・その前後に講義を行う。

試験と成績評価

前期定期試験(50%)、後期調理実習後レポート(40%)及び受講状況(意欲・態度)(10%)を総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

近年、生活習慣病の増加と低年齢化が問題視され、保育者にとって栄養の基本的な知識習得は必要不可欠なスキルである。
この授業を通して、バランスのとれた食事とはどのようなものかを学び、自分の食生活を意識してほしい。

使用教材

教科書 :『最新 子どもの食と栄養』 飯塚美和子他著(学建書院)
     『新カラーチャート 食品成分表(増補)』 (教育図書)
参考書 :