Topトップへ

子どもの理解と援助 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

子どもの理解と援助担当: 石河 博子(いしこ ひろこ)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

保育という営みにとって、子どもの心のあり方、成長発達を理解することは必要不可欠なことである。本授業では、保育現場での具体的な事例に基づき、子どもの成長発達の特徴を理解しながら、保育者はどのように援助し、働きかけをしていくべきかを考える。また、具体的な保育現場の子どもの姿を通して子どもの気持ちを汲み取り、理解するための分析力を身に付けることを目的とする。

到達目標は以下のとおりである。
・保育実践において、実態に応じた子ども一人ひとりの心身の発達と学びを把握することの意義を理解する。
・保育の現場において、子どもを理解する上での基本的な考え方と具体的な方法を理解する。
・子ども理解に基づく保育士の援助や態度の基本を身に付ける。

授業計画

[後期]
1.保育における子ども理解の意義
2.子ども理解に基づく養護および教育の一体的展開
3.子どもに対する共感的理解と子どもとの関わり
4.子どもを理解する視点①:子どもの生活と遊び
5.子どもを理解する視点②:人的環境としての保育者
6.子どもを理解する視点③:子どもの仲間関係
7.子どもを理解する視点④:集団の育ちと子どもの発達
8.子どもを理解する視点⑤:トラブル・いざこざ・ケンカについて
9.子どもを理解する視点⑥:環境構成の方法と実際
10.子どもを理解する方法①:観察と記録
11.子どもを理解する方法②:保育の省察と評価
12.職員・保護者との連携のあり方について
13.発達の課題に応じた援助と関わり
14.特別な配慮を必要とする子どもの理解と援助
15.発達の連続性と就学の支援について

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

・教科書とDVDを中心に授業を進める。
・保育現場での事例から、自分の意見をまとめたりグループディスカッションしたりする。

試験と成績評価

授業への参加(意欲・発表)状況(80%)、提出物(20%)から総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

担当教員は保育現場で働く者として、現場での生き生きとした子どもの姿や保護者とのやり取りなどを伝える。
保育者となった自分をイメージしながら積極的に授業に参加してほしい。

使用教材

教科書 :授業時に指示する。
参考書 :