Topトップへ

生涯スポーツ演習 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

生涯スポーツ演習担当: 小谷 克彦、坂井 莉野

開講コース

環境農学 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

スポーツは、人間の心身を解放し、より豊かで充実した生活習慣を実現できる方法の一つとも言える。
身体を動かす機会が減少していることや、体力の低下が重要視される中、誰もが参加できるスポーツに自発的、主体的に親しむことができる力を身に付ける。
具体的には、学生たちが生涯を通じて活気あるライフスタイルの形成を獲得するために、健康づくり・体力づくりだけではなく、共通の「楽しさ」を感じることができ積極的にスポーツに親しむことで他者とのコミュニケーション構築の大切さを得ることから、人間形成において重要な役割があることを理解し実践する。また、安全に配慮し競技スポーツに併せて、運動強度が低く体力に過剰な負担をかけずに行えるニュースポーツも展開する。

到達目標は以下のとおりである。
 ・学生たちが、自ら主体的に心身を解放し、積極的にスポーツに親しむことができる。
 ・安全に配慮し、スポーツの「楽しさ」を感じながら人間形成において重要な役割があることを理解する。
 ・様々なスポーツに親しみ、身体づくり、動きづくり、楽しみづくりに結び付けて実践できる。

授業計画

[前期](担当 小谷)
1.オリエンテーション
2.実技:バレーボール(基礎)
3.実技:バレーボール(応用)
4.実技:バレーボール(チーム戦術)
5.実技:バレーボール(リーグ戦)
6.講義:「体育・スポーツにおける楽しさ」
7.実技:カバディ(基礎)
8.実技:カバディ(応用)
9.実技:カバディ(リーグ戦)
10.講義:「目標設定の実際」
11.実技:ユニホック(基礎)
12.実技:ユニホック(応用)
13.実技:ユニホック(リーグ戦)
14.講義:「スポーツにおける心理サポートとは」
15.講義:「スポーツにおける心理サポートの実際」

[後期](担当 坂井)
1. オリエンテーション
2. フットサル(基礎)
3. フットサル(応用)
4.フットサル(リーグ戦)
5.バドミントン(基礎)
6.バドミントン(応用)
7.バドミントン(リーグ戦)
8.バスケットボール(基礎)
9.バスケットボール(応用)
10.バスケットボール(リーグ戦)
11.卓球(基礎)
12.卓球(応用)
13.卓球(リーグ戦)
14.雪遊び
15.生涯スポーツの理念と実践とは

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

基本的には実技中心で授業を進め、AおよびBクラスに分けて実施する。
前期はレポート課題がある。

試験と成績評価

授業への参加状況(70%)
グループ活動等による様や内容(30%)

担当教員から受講生諸君へ

運動着(ジャージなど伸縮性のあるもの)、運動靴(屋内、屋外用)を必ず用意すること。
※ジーンズ、スカート、サンダル、ヒールでの授業参加は認めない。
様々なスポーツと向き合い、いかに共通の「楽しさ」が求められるかを共に考え、実践する場として欲しい。
授業時の積極的な態度や取り組み内容を評価する。

使用教材

教科書・参考書:なし。
必要に応じて各種資料を配布する。