Topトップへ

情報技術の運用I | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

情報技術の運用I担当: 庄内 慶一(しょうない けいいち)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 前期

目的と内容および到達目標

本科目は、基本情報技術者の試験範囲で基礎理論とコンピュータシステムに関する知識と技能の基礎を習得する。企業社会において、コンピュータシステムは販売管理や給与などの基幹業務、インターネットを介した商取引などに需要があった。近年、パソコンは廉価で高性能となり、優れた機能を持つアプリケーションソフトが様々な業務処理に普及している。パソコン利用の成果を高めるには、アプリケーションソフトの仕組みとプログラミングの知識が必要となる。

到達目標は以下のとおりである。
・情報技術の基礎理論を理解できる。
・プログラムの基本的な作成知識と処理の流れを理解できる。
・コンピュータシステムを構築する技術を理解できる。

授業計画

[前期]
1.離散数学、応用数学
2.情報・通信・計測・制御に関する理論
3.データ構造、アルゴリズム
4.プログラミング
5.プログラム言語
6.その他の言語
7.プロセッサ、メモリ、バス
8.入出力デバイス、入出力装置
9.システムの構成、システムの評価指標
10.オペレーティングシステム
11.ミドルウェア
12.ファイルシステム
13.開発ツール
14.オープンソースソフトウェア
15.ハードウェア

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

情報技術の基礎的な知識について演習を通して学ぶ。また、eラーニングを活用して理解を深める。

試験と成績評価

成績評価は、課題レポート(50%)、小テスト(40%)、授業への参加(意欲・発表)状況(10%)で行う。課題レポートは授業中に指示する例題により評価する。小テストは基礎知識を評価する。

担当教員から受講生諸君へ

科目の目標に到達するために、毎時間、必ずノートをとり、授業内容とテキストの内容を良く理解する事が大切である。

使用教材

教科書 :『平成30年度【春期】【秋期】 基本情報技術者 合格教本』,技術評論社
参考書 :『仕事ではじめるプログラミング 研修前の基礎の基礎』,技術評論社