Topトップへ

保育者論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育者論担当: 高島 裕美(たかしま ひろみ)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

人間の生涯にわたる人間形成の基礎を培う極めて重要な時期である子ども期に関わる保育者は、保育・幼児教育についての専門的な知識・技術を身に付けておく必要がある。また現在、保育所・幼稚園および保育者に対するニーズはますます高まり、また多様化しており、それに応えるためには、その専門性を常に最新のものに更新しておくことが必要である。
ところで、保育の専門性とは具体的にはどのようなものだろうか?
この問いをベースに、本授業では、保育という専門職をさまざまな角度から捉え直し、受講生それぞれが自分なりの「保育者像」を持ち、専門性を身に付けることを目指す。
具体的には、この社会において専門職といわれる職種の特徴について理解したうえで、保育者をめぐる制度とその課題、保育者の社会的位置や求められる役割について学習し、保育者の専門性について考察していく。またその際、特に近年強く求められている職場内外の人・組織との連携・協働の重要性を学習し理解する。
到達目標は以下のとおりである。
・専門職の特徴について理解し、正しく説明できる。
・保育者の制度的な位置づけを理解し、正しく説明できる。
・保育者の専門性について考察し、自分の意見を述べることができる。
・保育の際の職場内外における連携・協働の重要性について理解し、正しく説明できる。

授業計画

1.保育者に対するイメージとは①:実習で出会った保育者のイメージ(討論・発表)
2.保育者に対するイメージとは②:実習で出会った保育者のイメージ(まとめ)
3.保育の技術とは何か①:「笑顔」は技術か?(討論・発表)
4.保育の技術とは何か②:「笑顔」は技術か?(まとめ)
5.専門職の特徴・定義と保育者の専門性①:「専門職」に当てはまる職業の特徴
6.専門職の特徴・定義と保育者の専門性②:社会学における「専門職」の定義
7.専門職の特徴・定義と保育者の専門性③:教員・保育者の力量・専門性
8.保育者の職務・役割とは①:保育者の業務・役割とその特徴
9.保育者の職務・役割とは②:保育者養成カリキュラム、免許・資格の意義
10.保育を労働として捉える①:保育労働論、処遇と社会的地位
11.保育を労働として捉える②:保育における労働問題
12.保育者の専門職的成長①:子ども理解、ケアリング
13.保育者の専門職的成長②:職場内外での学び(研修)
14.現代の保育者に求められる役割①:保育現場における組織的対応の重要性
15.現代の保育者に求められる役割②:家庭・地域、学校、行政等との連携・協働

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

基本的には講義形式で進める予定だが、ひとつの事例について全員で討論するなど、受講生それぞれが自分の考えや意見を述べる機会を多く取りたいと考えている。

試験と成績評価

定期試験(80%)、レポート(10%)、ディスカッションの内容や様子等授業への参加状況(10%)

担当教員から受講生諸君へ

保育者として身に付けるべき専門性、現実の保育者をめぐる制度的課題を考えながら、将来保育者となる自分自身のあり方を真剣に考えようとする姿勢を求める。
受講生それぞれが自分自身を客観的に把握し、他者の考えを受け止めながら、主体的に学ぶことを期待する。

使用教材

教科書:特に指定しない。
参考書:授業の中で、適宜紹介する。