Topトップへ

保育実習指導Ⅰ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育実習指導Ⅰ担当: 高島・山田(克)・秋月

開講コース

保育学科 1・2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

本授業は,保育実習(保育所及び児童福祉施設等実習)の事前・事後学習として行われるものである。まず,事前学習として,実習を円滑に進めていくための知識・技術を習得するとともに,自分の実習課題・行うべき実習内容を明確化し,実習に臨む準備を行う。次に,事後学習として,実習を通して体験的に培った保育士としての技能を総括し,自己評価を通して,各々の課題を明確化することを目的とする。

到達目標は以下のとおりである。
・保育所や児童福祉施設等の制度的位置づけや社会的役割,また,子どもやその保護者および利用者に対する保育あるいは援助に関する知識・技能について理解し,説明することができる。
・保育および支援計画の立案,観察・記録,評価の方法について理解し,実際に行うことができる。
・保育所や児童福祉施設等における保育士の業務内容やその職業倫理を理解し,説明することができる。
・実習へ向けて必須とされる内容を理解し,自分なりの課題意識を持って臨むことができる。
・実習の成果のまとめおよび自己評価を通して課題を明確化し,レポート等で発表することができる。

授業計画

1.実習オリエンテーション:実習の目的・意義
2.保育所実習で挑戦したい保育実践の計画
3.保育所実習の実際①:保育所の一日の流れ
4.保育所実習の実際②:保育所実習の流れ
5.保育所実習の実際③:保育の実際と実習生の役割
6.保育所実習日誌の書き方①:観察の方法と記録
7.保育所実習日誌の書き方②:記録の実践
8.保育所実習に向けての準備①:実習課題・目標の作成
9.保育所実習に向けての準備②:子どもの人権・職業倫理とプライバシーについて
10.保育所実習に向けての準備③:実習オリエンテーションについて
11.保育現場の実際(※外部講師による特別講義)
12.保育所実習に向けて:実習の心構え・諸注意
13.保育所実習を終えて:実習アンケート・自己評価
14.保育所実習の振り返り活動①:報告資料作成
15.保育所実習の振り返り活動②:実習成果報告会
16.児童福祉施設等の見学
17.施設実習の概要・目的・意義
18.施設実習の実際①:福祉系施設について
19.施設実習の実際②:養護系施設について
20.施設実習の実際③:施設における保育士の役割について
21.施設実習日誌の書き方
22.施設実習に向けた準備①:実習課題・目標の作成
23.施設実習に向けた準備②:子どもの人権・職業倫理とプライバシー保護について
24.施設実習に向けた準備③:実習オリエンテーションについて
25.施設現場の実際(※外部講師による特別講義)
26.施設実習に向けて:実習の心構え
27.施設実習を終えて:実習アンケート・自己評価
28.施設実習の振り返り活動①:報告資料作成
29.施設実習の振り返り活動②:実習報告会
30.今後の学習課題の明確化とレポート作成

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

前半は保育所実習,後半は施設実習の事前・事後学習を行う。
事前学習としては,それぞれの実習に向けて必要と考えられる知識,技術,心構えを身に付けるとともに,日誌の記入を中心とした実習の初歩的な実践能力を身に付けることを目標として展開する。
事後学習としては,実習後の自己評価をはじめとする振り返り活動を行うことを通して,次年度実習へ向けての課題を明確化することを目標に展開する。

試験と成績評価

提出物(作成したレポート)(45%),実習に向けての持参物(指導案,教材,日誌)(45%),授業への参加状況(意欲・態度)(10%)

担当教員から受講生諸君へ

本授業は毎時間,実習にかかわる重要事項(準備学習,必要事項の連絡等)を扱う。そのため,本授業では遅刻,欠席,提出物の遅れについては厳しく評価するので,しっかりとした心構えで臨んでほしい。保育者として必要な職業意識・倫理観はもちろんのこと,社会人としての基本的マナーを身に付けることも目標の一つである。

使用教材

教科書:
・小櫃智子編著『幼稚園・保育所実習パーフェクトガイド』わかば社,2013年
・同編著『実習日誌・実習指導案パーフェクトガイド』わかば社,2015年
・同編著『施設実習パーフェクトガイド』わかば社,2014年
参考書:
・拓殖大学北海道短期大学保育学科編『実習指導の手引き』