Topトップへ

キャリアスキル | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

キャリアスキル担当: 萬・保坂・高島・秋月

開講コース

保育学科 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

  本授業は、社会問題の考察や社会調査の実践を通して、保育の社会的意義・目的、保育者に求められる資質・能力等について多角的に考え、自らの課題を明確にしたうえで、対人専門職としての将来に向けて必要と考えられる基礎的な資質・力量を得ることを目的とする。その際、本学科で開講されている様々な専門科目との連関を意識して授業を展開する。
 また同時に、社会生活を送るうえで必要と考えられる一般常識・マナーや文章表現能力を身に付けることを目指す。
 到達目標は以下のとおりである。
・保育という営みについて多角的に考え、自らの課題を明確にし、その興味・関心・適性に合ったライフプランを立てることができる。
・新聞記事や新書等の読解を通し、保育をめぐる問題に対し自ら問題意識を持ち、社会調査の実施等を通して情報を収集し、自分の考えをレポートにまとめることができる。
・保育・教育実習、就職活動の際に必要な文書等を作成することができる。

授業計画

[前期]
1.大学生活ガイダンス①:カリキュラム説明
2.大学生活ガイダンス②:履修指導
3.研修旅行事前学習①:概要説明
4.研修旅行事前学習②:準備学習
5.研修旅行事後学習:振り返り
6.保育の現場で役立つ表現活動①:企画・立案
7.保育の現場で役立つ表現活動②:作成
8.保育の現場で役立つ表現活動③:発表
9.保育の現場で使用される基礎・専門用語の学習
10.保育の現場で使用される漢字の学習
11.保育をめぐる問題について考える①:新聞記事
12.保育をめぐる問題について考える②:新書
13.保育・教育実習事前学習①:実習日誌
14.保育・教育実習事前学習②:実習礼状
15.自己課題の総括①
  :前期の反省と後期の学習計画の作成

[後期]
1.保育・教育実習事後学習①:振り返り
2.レポートの作成に向けて①:文章の構成
3. レポートの作成に向けて②:資料収集
4.レポートの作成に向けて③:調査の立案
5.レポートの作成に向けて④:調査の実施
6.レポートの作成①
7.レポートの作成②
8.レポートの作成③
9. レポートの作成④
10.就職に向けての準備学習①:自己分析
11.就職に向けての準備学習②:志望動機書
12.就職に向けての準備学習③:履歴書
13.2年次への準備学習①:カリキュラム説明
14.2年次への準備学習②:学習活動の計画・立案
15.自己課題の総括②
  :1年間の反省と2年次の学習計画の作成

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

前期は,保育実習や教育実習に求められる様々な内容について、主体的に学ぶことができるように実践を重視し て講義を展開する。後期は,文章の書き方指導に重点を置くとともに,就職活動も視野に入れて行う。

試験と成績評価

・基礎用語・漢字テスト(20%)
・提出物(40%)
・レポート(40%)

担当教員から受講生諸君へ

1年生で学ぶ基礎的な内容を取り扱う。保育の現場で求められる様々なスキルを理解し,それを身に付けようと努力することが大切で,後期は就職活動の開始と合わせた内容も取り扱う。

使用教材

教科書 :使用しない。
参考書 :使用しない。
必要に応じて資料を配付するが、他の講義で使用した教科書を適宜活用することがある。