Topトップへ

Q&A(学生生活編、学校・勉強編) | 拓殖大学北海道短期大学

Q&A(学生生活編、学校・勉強編)

新しい道を歩むとき、期待と隣り合わせに不安もつきもの。そこで、生活のこと、学校や勉強のこと、入試のことなど、入学を希望するみなさんの質問や疑問をピックアップしました。
このほかにも入学前に聞いておきたいことがあれば、本学入試係までお気軽にご連絡ください。なお、入学試験に関するQ&Aも受験生ガイドに掲載していますので、あわせて参考にしてください。

学生生活編

Q.旭川空港と新千歳空港のどちらが近いですか?

A. 旭川空港はバスとJRを乗り継いで約1時間20分。新千歳空港はJRで約1時間50分です。なお、旭川空港の本州路線は東京、名古屋(中部)の2路線です。

Q.北海道の冬は雪や寒さがとても厳しいというイメージがあります。冬の生活が不安なのですが…?

A.北海道は、道路の除雪や建物の暖房が行き届いているのでご安心ください。もちろん真冬の凍てつく寒さもありますが、そうした北海道の気候風土も楽しんでください。スキーやスノーボードなどウィンタースポーツも楽しめますよ。

Q.一人暮らしをはじめるために、家具を揃えたいと思っていますが、近くに便利なお店はありますか?

A.深川市内には、ホームセンターなどがあり、机やベッドなどの家具を揃えることができます。また、大型スーパーもたくさんあるので、食料品や日用品などの買い物にも困ることはありません。

Q.車での通学はできますか?

A.申請をすれば、マイカー通学を許可しています。学内には学生駐車場を備えているので利用してください。ただし、交通ルールやマナーをしっかりと守り、安全運転を厳守することが大前提です。

Q.札幌ドームへ野球観戦に行きたいと思っています。どれくらい時間がかかりますか?

A.JR(特急)を利用した場合、深川-札幌間の乗車時間は約1時間。札幌ドームへは札幌駅から地下鉄と徒歩で約25分です。車を利用した場合、高速道路利用で深川西IC〜札幌IC間(距離98km)約1時間。一般道利用で約2時間です。

Q.アルバイトはできますか?

A.もちろん自由にできます。コンビニ、スーパー、食堂、居酒屋、農家などでアルバイトする学生が多く、本学学生はアルバイトスタッフとしも地域の方々に期待されています。ただし実習が多い時期などは無理をせず、勉強とうまく両立させてください。当然、勉強が優先です。

Q.入学後にクルマの免許を取ろうと思いますが近くに自動車学校はありますか?

A.市内に深川自動車学校があります(無料送迎バスあり)。なお「拓大生特別割引料金」が適用されます。

Q.アパートの家賃などはどのくらいの金額ですか?

A.本学周辺のアパートの家賃は平均3万円。自炊が不安な人には、6畳・朝夕食事つきで家賃5万円前後という下宿もオススメです。本学ホームページに物件情報を提供していますので、参考にしてください。

学校・勉強編

Q.授業等でパソコンを使うと聞きましたが、パソコンスキルを学ぶ環境は整っていますか?

A.パソコン室やPC演習室、PC自習室があり、一人一台体制で学べる環境を整えています。情報関連の資格取得も全学科で支援しています。

Q.拓殖大学への編入を考えていますが、北海道での2年が編入後の生活のハンデになるのでは?

A.本学では4年制大学の1・2年次に準じたカリキュラムと学習指導を展開しているので心配ありません。2つの大学を体験できるメリットの方が大きいでしょう。

Q.大学編入を考えていますが、編入先はまだ漠然としています。入学後、すぐに決める必要がありますか。

A.急ぐ必要はありません。学びながら少しずつ進路を絞っていく学生もたくさんいます。また、途中から進学目標を国立大学に変更し、見事合格した学生もいます。もちろん、教員が適切なアドバイスをします。より大きな目標を持って学んでください。

Q.卒業後は、首都圏で就職したいと考えています。就職サポートはありますか?

A.東京の拓殖大学と連携した豊富な求人情報をもとに就職指導にあたります。勤務地はもちろん、個々の希望に沿った就職サポートをしていきます。

Q.海外への研修などはできますか?

A.同じ法人である、拓殖大学国際学部や政経学部で募集している海外研修に応募でき、選考はありますが参加できます。(中国・ドイツなどに行っています。)

Q.高校は普通科ですが環境農学コースを志望しています。ハンディはありませんか。

A.コースの性質上、農業高校出身者も多く学んでいますが、普通科出身者でもまったくハンディはありません。基礎から学んでこれからの農業に大きな夢を描いてください。

Q.保育学科志望ですがピアノには自信がありません。大丈夫でしょうか。

A.ピアノは授業で基礎から学びます。また、個室のピアノ練習室(10室)や、電子ピアノ40台を備えたML教室を完備し、いつでも練習できる環境を整えています。うまくなるには何より練習。「継続は力なり」ですよ。