Topトップへ

ボランティア論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

ボランティア論担当: 畠田 英夫(はただ ひでお)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 前期

目的と内容および到達目標

ボランティア活動は社会におけるさまざまな課題を背景としておこなわれています。それゆえ、活力ある持続的な地域社会を築くうえでも重要な役割を果たしています。それと同時に、ボランティア(ボランティア活動をする人)自身の自己開発やさまざまな能力を開発する機会でもあります。本講義では、ボランティア活動の基本概念・歴史・社会的意義など基礎的な知識を学びます。そして、ボランティア活動の活動領域・活動形態・活動動機の多様性を知り、自己との接点を見いだし、ボランティア活動を実際におこなう素地を養います。

到達目標は以下のとおりです。
・ボランティア活動に必要なスキルを身につける。
・ボランティア活動の社会的意義を理解している。
・社会における課題を発見し、ボランティア活動の可能性を検討することができる。

授業計画

[前期]
1.ボランティアの概念について
2.ボランティアの制度と政策
3.ボランティアと現代社会
4.ボランティアと教育
5.大学生とボランティア
6.外国人とボランティア
7.障がい者とボランティア
8.福祉ボランティアの視角
9.福祉ボランティアのスキル1:高齢者とのコミュニケーション
10.福祉ボランティアのスキル2:認知症サポーター養成講座
11.福祉ボランティアの実践
12.日本におけるボランティアの変遷1:1930年代から1960年代
13.日本におけるボランティアの変遷2:1970年代から1990年代以降 ボランティアからNPOへ
14.ボランティア活動の経済分析
15.ボランティア活動の現在・展望

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

サービスラーニングの手法を取り入れ、学期間中サービス活動を実際におこない課題の理解を深めます。

試験と成績評価

授業期間中のサービス活動への主体的な取組と小レポートによって評価します。

担当教員から受講生諸君へ

ボランティア活動への自主的な参加経験がある者、または授業内におけるサービス活動に積極的に参加する意志のある学生の受講を希望します。
学外でのサービス活動の際には交通費等の自己負担が生じる場合があります。

使用教材

参考書:『新ボランティア学のすすめ』内海 成治・中村 安秀編(昭和堂)、『「ボランティア」の誕生と終焉 -〈贈与のパラドックス〉の知識社会学』仁平 典宏(名古屋大学出版会)