Topトップへ

体育 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

体育担当: 岡 健吾(おか けんご)

開講コース

保育学科 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

子どもの心と身体の発達段階ついて認識、整理しつつ、「安全に」「楽しみながら」子どもたちの心身の成長を促すことができる多様な運動実践(子どもにとっての遊び)の方法を習得する。それらの実践に加え、体つくり運動やレクリエーション運動通して、保育者として必要な発想力や身体活動能力を身につける。また、受講者が相互に模擬保育をし合う場を設定し、実際の保育現場での保育方法を考える。

到達目標は以下の通り。
・子どもの心身の発達段階について整理、理解できる。
・子どもたちと共に「安全」かつ「楽しく」各種の運動遊びを実践できる能力を備える。
・保育者として、運動遊びに必要な発想力と身体活動能力を備える。

授業計画

[前期]
1.授業の概要理解
2.鬼ごっこ(手つなぎ鬼)
3.鬼ごっこ(子取り鬼等)
4.レクリエーション運動(キンボール)
5.アウトドア・アクティビティ(研修旅行)
6.縄跳び遊び(長縄)
7.縄跳び遊び(短縄)
8.レクリエーション運動(バスケットボール)
9.レクリエーション運動(ドッジボール)
10.マット遊び(前転)
11.マット遊び(側転)
12.レクリエーション運動(チュックボール)
13.レクリエーション運動(バレーボール)
14.自然のなかでの遊び(ネイチャーゲーム)
15.自然のなかでの遊び(パークゴルフ)

[後期]
1.体つくり運動(基礎項目)
2.体つくり運動(応用項目)
3.レクリエーション運動(ちびっ子サッカー)
4.レクリエーション運動(ティーボール)
5.跳び箱遊び(基礎項目)
6.跳び箱遊び(応用項目)
7.サーキット遊び(計画)
8.サーキット遊び(実践)
9.模擬保育(計画・立案)
10.模擬保育(実施)
11.模擬保育(振り返り)
12.冬の外遊び(滑り台づくり)
13.冬の外遊び(雪中サッカー&アイスクリームづくり)
14.冬の外遊び(イグルーづくり)
15.運動遊びの要点整理

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

受講者は活動ノートをつくり、単元毎に要点をまとめて提出する。

試験と成績評価

活動ノートの内容、及び受講態度により総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

保育者としての自分の将来をイメージしつつ、運動を「楽しみながら」活動内容を自己に蓄積していってほしい。
屋内用、屋外用の運動しやすい服装・靴、および防寒具を用意しておくこと。

使用教材

必要に応じて資料を配布する。