Topトップへ

体育講義 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

体育講義担当: 魚住 智広(うおずみ ともひろ)

開講コース

保育学科 2年次 後期

目的と内容および到達目標

現代において、スポーツは日常生活のいたるところに顔を出している。本講義では、日々の生活を基点として、スポーツがどのような場面で立ち現れ、利用されているのか検討する。また、学習内容を子どもや保育と関連させて理解することで、本講義内のみで必要とする知識を身につけるのではなく、さまざまな場面で用いることのできる思考法を身につけたい。

到達目標は以下のとおりである。
・スポーツや身体にまつわる「あたりまえ」や「常識」を疑う思考法を身につける。
・日常生活とスポーツを結びつけながら考察することができる。
・スポーツと子ども・健康・教育・経済などが接合する理由とその限界について理解する。

授業計画

[後期]
1.「あたりまえ」を疑う思考法とはなにか(授業の目標の理解)
2.身体変工の歴史
3.スポーツとマイノリティ
4.スポーツにおける平等とはなにか
5.スポーツイベントについて考える:障害者スポーツ
6.スポーツイベントについて考える:迫る2020
7.運動部活動を考える
8.いかにして「あたりまえ」を疑う思考法を獲得するか

単位数

1単位、授業回数:8回

講義の進め方

授業計画に沿って、プリント(参考資料)を中心に講義する。

試験と成績評価

授業で記入する小レポートおよび授業での発言から、授業内容に関する基本的理解について評価する。
期末レポートの提出およびその内容から、スポーツに関して考察する視角の独自性を評価する。

担当教員から受講生諸君へ

本講義では、スポーツに関する詳細な知識や技能を問うことはないため、スポーツが苦手な学生も安心して受講してほしい。本講義を通じて、スポーツや身体にまつわる「あたりまえ」や「常識」を疑い、新たな視角から物事を考える力を身につけることを望む。

使用教材

教科書 :使用しない。(適宜プリントを配布)