Topトップへ

体育実技 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

体育実技担当: 魚住 智広(うおずみ ともひろ)

開講コース

保育学科 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

保育施設に入り学校教育を卒業するまで、子どもは遊びやスポーツと密接に結びついている。なぜこれらの現場では、遊びやスポーツが頻繁に行われ、ときに重要視されているのか。本講義では、学生が自身の身体を動かし、仲間と協力することで、以上の問いを含めスポーツを多角的に考察することを目的とする。

到達目標は以下のとおりである。
・講義内で行うスポーツ種目の基本的な技能を獲得する。
・スポーツに対して、さまざまな視角から考察する姿勢を身につける。
・スポーツが行われる現場に対して、問題意識を持ち方策を検討することができる。

授業計画

[前期]
1.ガイダンス(授業のねらいと計画)
2.バレーボール(パスと関係づくり)
3.バレーボール(スポーツにおける役割を考える)
4.バレーボール(ゲーム)
5.道具を使うスポーツ/バドミントン
6.バドミントン(用具の使用を考える)
7.ニュースポーツについて知る/チュックボール
8.チュックボール(実践・ゲーム)
9.道具を使うスポーツ/卓球
10.卓球(フォアハンド・バックハンド)
11.卓球(ダブルスのルールとゲーム)
12.ドッジボールを考える(問題提起)
13.ドッジボールを考える(計画・運営)
14.ドッジボールを考える(実践)
15.スポーツ大会

[後期]
1.球技の空間作りについて考える/フットサル
2.フットサル(片足立ちで操作する)
3.フットサル(ルールの工夫・ゲーム)
4.ポートボールとバスケットボール(ルール確認)
5.ポートボールとバスケットボール(差異を考える)
6.バスケットボール(計画・運営)
7.バスケットボール(実践・技能テスト)
8.スポーツ大会

単位数

2単位、授業回数:23回

講義の進め方

授業計画に沿って、体育館でさまざまなスポーツを行う。
なお、初回の授業はガイダンスのため、体育館ではなく通常教室で行う。

試験と成績評価

・技能テストから、スポーツの基本的な技能を獲得できているかどうか評価する。
・グループ活動による授業の計画および運営から、スポーツを行う現場への問題意識やスポーツ空間の環境づくりについて評価する。

担当教員から受講生諸君へ

・運動しやすい服装と靴を用意すること。

使用教材

教科書 :使用しない。(適宜プリントを配布)