Topトップへ

総合中国語Ⅱ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

総合中国語Ⅱ担当: 藤田 守、網谷 義男

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 後期

目的と内容および到達目標

本科目は総合中国語Ⅰの積み上げ科目である。したがって、総合中国語Ⅰで身に付けた初歩的な読解や作文などに必要な中国語の言語能力の基礎を固めることはもとより、会話力、聴解力等4技能のバランスの取れた総合的能力の養成を目標とする。そのため、中国語の音声をもとに、基礎的語彙、文型を身につけることを継続する。
 
到達目標は以下のとおりである。
・総合中国語Ⅰで身に付けた語学力を活用することができる。
・よく目にしたりする語句や文のうち、ごく基本的なものを理解することができる。
・以上により職業生活や社会生活に必要な中国語のコミュニケーション能力の基礎を習得する。

授業計画

1.第4課の単語練習・形容詞疑問文の表現
2.第4課の本文解説・量詞の表現
3.第4課の実践練習
4.第5課の単語練習・ときの表現
5.第5課の本文解説・時間量の表現
6.第5課の実践練習
7.第1回~第6回の練習問題
8.第6課の単語練習・完了の表現
9.第6課の本文解説・所在の表現
10.第6課の実践練習   
11.第7課の単語練習・連動文の表現
12.第7課の本文解説・助動詞「想」「要」の表現
13.第7課の実践練習
14.第8回~第13回の練習問題
15.中国語による自己紹介文の作成と暗誦

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

中国語のような声調言語では正確な発音が特に重要である。実際に耳で聞いて発音するという持続的な訓練が必要である。①発音を暗記②それに相当するピンインを暗記③漢字を暗記、という順序ですべて耳を使って覚える。そのためには、書き取り練習を中心とした音声による訓練は必要不可欠である。
さて、教科書の講読の内容に沿って日本語による説明と中国語による発音演習等を併用して進める。実践練習では読み書きのみならず聞き取りや会話技能養成を含んだ演習課題に取り組む。会話の基本は「聞く」「話す」能力であるが、これらをみにつければ、そののち「読む」「書く」能力も飛躍的にアップする。この点に重点を置き予習復習は、テキストのCD音声教材をよく聴き、復唱し、音声から自然な中国語インプットする方法で実行すること。

試験と成績評価

成績は授業の参加姿勢(聞く、話す、読む、書く4技能練習および総合練習)、小テストなどの評価から総合判定する。これらの状況に応じて担当教員が必要と判断した場合は、課外レポートの提出を求めることがある。
なお、携帯電話やスマートフォンなどの移動式携帯端末の無断使用および教員の指示に従わないものは退場させ欠席と扱う。全授業回数の2/3未満の出席の場合はF評価の対象となる。

担当教員から受講生諸君へ

演習は消化不良にならないよう状況に配慮して進めるが、語学科目1単位の取得には授業と自習を合わせて最低45時間が必要であると定められている。よって、短い時間の中で効果的な授業を行うためにも、授業計画に基づく予習や復習が求められる。NHKテレビ中国語講座なども活用しイメージを喚起すること。

使用教材

教科書 :『さあ、中国語を学ぼう!会話・講読』 竹島毅・趙昕 著(白水社)
参考書 :特に指定しない。必要があれば授業中に紹介する。