Topトップへ

障害児保育 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

障害児保育担当: 舟橋 安幸(ふなばし やすゆき)

開講コース

保育学科 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

2007年4月に「特殊教育」から「特別支援教育」という考え方に転換され、「個別の教育支援計画」や「個別の指導計画」を作成し個々の児童に対しきめ細かな指導を行うとともに、関係機関との連携が強く求められる時代になって10年になる。また障がいをもった子どもがどこの保育園・幼稚園・認定子ども園・施設にも入所してくる時代を迎え、保育者は障がいについての正しい理解を深めるとともに、様々な障がいに対応できる知識とスキルを身につけていく必要がある。ここでは障害児保育にかかわる基礎的知識を学ぶとともに、一人一人の発達上の課題に応じた支援方法についての学習を体験的、演習的に進めていく。
到達目標は以下のとおりである。
・障がい全般及び各障がいについて理解している。
・それぞれの障がいに応じた対応方法や支援のあり方を理解している。
・障害児保育の歴史や理念、保護者支援や関係機関との連携について理解している。

授業計画

[前期]
1. 講義内容の説明、保育者の在り方ついて
2. 障がいとは何か(ICFの考え方について)
3. 特別支援教育の考え方について
4. 障害児保育の理念と形態、歴史と制度
5. 発達障がい(自閉症)の理解
6. 発達障がい(自閉症)への対応と支援
7. 発達障がい(ADHD)の理解
8. 発達障がい(ADHD)への対応と支援
9. 発達障がい(LD)の理解
10. 発達障がい(LD)への対応と支援
11. 発達障がい児に対する遊びの計画
12. 発達障がい児に対する遊びの実践(1班)
13. 発達障がい児に対する遊びの実践(2班)
14. 発達障がい児に対する遊びの実践(3班)
15. 発達障がい児に対する遊びの実践(4班)

[後期]
1.前期の復習
2.視覚障がいの理解
3.視覚障がいの体験(白杖、点字)
4.視覚障がい児への対応や支援
5.聴覚障がいの理解
6.聴覚障がい体験、対応や支援
7.盲ろうの理解と支援
8.知的障がいの理解
9. 知的障がい児への対応や支援
10. ダウン症の理解と対応・支援
11. 肢体不自由の体験と理解
12. 肢体不自由児への対応や支援
13.病弱・身体虚弱の理解と対応・支援
14. 保護者・関係機関、及び小学校と連携
15. 障害児保育の現状と課題

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

1.講義形式はプレゼンテーションソフトを使用して進めていく。(資料も配布する。)
2.体験学習や演習を取り入れ、実践的に学んでいく。
3.障がいに関する動画を視聴し、その内容について思考し、コメント用紙に記入し提出する。
4.毎回5分ほど継続して手話の実技を学ぶ。

試験と成績評価

1.前期・後期とも定期試験を行う。そのため配布資料を整理しておく。(詳細は第1回講義で伝える。)
2.演習、受講態度、毎回のコメントも評価の対象となる。
3.講義の中盤に出すレポート課題の提出も含め、総合的に評価をしていく。

担当教員から受講生諸君へ

この講義を受講することによって、障がいを取り巻く様々な現状や課題を感じてほしいと思っている。また、各障がいについて理解を深めるとともに、その対応や支援の方法を身につけていくことを期待している。
 一人ひとりの発達や個性の違いに応じた指導や支援は、どの子にとっても大切な対応方法であることに気付くとともに、障害児保育について真摯に学んでくれることを願っている。

使用教材

教科書 : 使用しない(適宜プリントを配布)
参考書 :幼稚園教育要領(文部科学省)、保育所保育指針(厚生労働省)