Topトップへ

国際農業論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

国際農業論担当: 村上 良一(むらかみ りょういち)

開講コース

環境農学 1年次 後期

目的と内容および到達目標

平板な各国農業事情紹介という内容ではなく、世界と日本の「農業を貫く論理」とは如何なるものか?ということを意識したものを目指す。そして世界と日本の安定的な食料供給を目指す上で克服すべき課題を探っていく。

到達目標は以下のとおりである。
・「食料・農業問題」の概要が理解できる。
・農産物貿易に関する国際交渉について基本的な理解ができる。
・世界の食料・農業問題に多大な影響を及ぼしている多国籍アグリビジネスの基本的な特徴について理解ができる。

授業計画

[後期]
1.講義の進め方や学習方法と関連学問分野(経済学など)について
2.農産物価格決定のメカニズムと農業保護政策の意義
3.2008年世界食料危機に関する事例紹介
4.食料・農業問題と農産物貿易の構造との関係について
5.食料・農業問題と国際金融危機、エネルギー問題等との関係について
6. 国際農業交渉の歴史と推移について
7. WTO農業交渉の主要論点と今後の国際農業交渉について
8.日本の農業生産構造の現状について
9.日本の農政改革について
10. アメリカ農政の特徴と農政改革について
11. EU農政の特徴と農政改革について
12.多国籍アグリビジネスと各国農業に関する事例紹介
13.世界の食料生産に多大な影響を及ぼしている多国籍アグリビジネスについて
14.食の安全・安心と農産物貿易や多国籍アグリビジネスとの関連について
15.多国籍アグリビジネスが途上国農業に及ぼす影響についての事例紹介

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義形式でスライドを中心に用いる。板書やプリント配布、動画視聴などを必要に応じて行う。

試験と成績評価

成績は講義の中間まとめレポートと期末に実施する小テストとの合計で評価する。

担当教員から受講生諸君へ

国際農業と聞くと飢餓問題やTPP等国際農業交渉を思い浮かべる学生も多いであろう。どんどんこうした分野のニュースや情報を収集し、関心を深めていってもらいたい。

使用教材

教科書 :使用しない
参考書 :田代洋一『農業・食料問題入門』(大月書店)、谷口信和他『世界の農政と日本』(農林統計協会)、農業問題研究学会編『グローバル資本主義と農業』(筑波書房)、村田武編著『食料主権のグランドデザイン』(農文協)