Topトップへ

文章表現法 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

文章表現法担当: 岡﨑 正昭、生方 雅男

開講コース

環境農学 1年次 前期

目的と内容および到達目標

大学の授業は高校までと大きく違い、学習内容に関する関係資料を調査し、関連する事項を整理するとともに、実際に測定したデータに基づいてレポート作成することになる。
この授業では、大学生としてどのように授業を受け、レポートの作成に活かすとともに、大学における学び方を学ぶことになる。各学生は、自己実現を図るため、学習に取り組む意欲や態度を自ら養成しながら、ビジネススキル(文章力、話す力、論理構築力など社会に出てからの仕事遂行能力)を高めることが肝要である。

到達目標は以下のとおりである。
・ 授業、文献、インターネットから有用な情報を見つけ、記録・整理し、情報内容を理解するなどして、レポートを作成するスキルを高める。
・ 定められた形式に従ってレポートを作成できる。
適切な用語を使い、人に伝えることができる文章を作成できる。

授業計画

[前期]
1.レポートの書き方
2.農業用語の修得(授業プリント、教科書、インターネットの活用)
3.農業用語の修得(新聞記事、専門書の利用)
4.文章の要約(雑誌「現代農業」)
5.文章の要約(新聞記事)
6.文章の要約(統計資料)
7.文章の要約(自然科学論文)
8.科学レポートの書き方
9.科学レポート図表の作成
10.科学レポートわかりやすい文章の書き方
11.科学レポート論理的文章の書き方
12.文章の要約(経済関係記事)
13.文章の要約(農業統計資料)
14.文章の要約(農業改良普及センター情報)
15.文章の要約(作物栽培に関する論文)

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

演習やグループディスカッションを組み合わせて展開する。

試験と成績評価

毎回の授業における演習の態度・達成度により評価する。定められた形式に従ってレポートを作成できたか、また、適切な用語を用いて、人に伝わる文章を組み立てられたか、評価する。

担当教員から受講生諸君へ

文章表現は、日々の訓練で身につくことから、授業で得たことを活かし、日ごろから意識して日本語を読む・書く・聞くよう心がける。この科目は極めて重要な科目であることから、全15回、無遅刻無欠席で臨むことが肝要である。

使用教材

参考書 :随時紹介