Topトップへ

情報技術の基礎Ⅱ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

情報技術の基礎Ⅱ担当: 庄内 慶一(しょうない けいいち)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 後期

目的と内容および到達目標

近年、パソコンは日常業務において必須ツールとなっています。情報交換や情報検索が中心の利用だけでなく、音楽、映画やゲームなどのマルチメディアがストレスなく利用できる環境が増えています。このような状況の中、コンピュータを使ったコミュニケーション能力、情報の収集と管理能力、レポートの作成能力は、一般の大学生にとって必要な情報リテラシーとなっています。
本講義では、様々な分野で利用されるコンピュータの基礎的な知識と利用技術を学び、例題を通して実務に応用できる能力を習得します。

到達目標は以下のとおりです。
①分かりやすい表現で、情報を他者に伝えることができる
②パソコンや周辺機器の役割と特徴を理解し、目的に応じた機能を選択して利用できるようになる
③オフィスソフトの基本的な機能や操作方法を習得し、大学や実社会で活用できるようになる
④インターネットの基本的な利用法を理解し、インターネットを介した情報の送受信を習得する

授業計画

[後期]
1. インターネットを活用したコミュニケーション
2. メールコミュニケーション
3. ルールやマナーの原則
4. 情報の発信のルール、インターネットを通じた情報発信ツール
5. ソーシャルメディア
6. 文書作成のポイント
7. 文書の体裁を整える、さまざまな文書
8. ビジュアル表現、色と図形、図解表現
9. プレゼンテーションの基本
10. 成功するプレゼンテーション
11. 資料作成とプレゼンテーションソフト
12. アウトラインの作成
13. スライド資料の作成
14. リハーサル、配布資料
15. 模擬演習と評価、提案役として発表する、聞き手役として評価する

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

情報技術の基礎的な事柄について演習を通して学びます。また、eラーニングを活用し、予習と復習により理解を深めていきます。

試験と成績評価

科目の到達目標に関する基礎的な知識については、期末試験によって評価します。また、インターネットの基本的な利用法および、インターネットを介した情報の送受信の基礎的な事柄については、授業中に指示するレポート課題とあわせて評価します。

担当教員から受講生諸君へ

科目の到達目標に到達するために、毎時間、必ずノートをとり、授業内容とテキストの内容を良く理解する事が大切です。また、適宜、授業中に指示するレポート課題に取り組みます。

使用教材

教科書:『情報活用力』,noa出版
参考書:『大学生のための基礎情報処理』,小関祐二,共立出版 その他、随時、授業内で紹介します