Topトップへ

情報技術の基礎Ⅰ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

情報技術の基礎Ⅰ担当: 庄内 慶一(しょうない けいいち)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 前期

目的と内容および到達目標

近年、パソコンは日常業務において必須ツールとなっています。情報交換や情報検索が中心の利用だけでなく、音楽、映画やゲームなどのマルチメディアがストレスなく利用できる環境が増えています。このような状況の中、コンピュータを使ったコミュニケーション能力、情報の収集と管理能力、レポートの作成能力は、一般の大学生にとって必要な情報リテラシーとなっています。
本講義では、情報の収集から分析、整理、情報運用に関して、基礎的な知識と技能を習得します。

到達目標は以下のとおりです。
①効率良く情報を集め、集めた情報を検証できるようになる
②情報を様々なトラブルから守り、安全に運用することができる
③数値データを活用し、知りたいことについて分析し、判断することができる
④情報を使いやすく整理、管理し、必要に応じて適切に活用できるようになる

授業計画

[前期]
1. コンピュータ環境、遠隔教育システム
2. 情報を集める
3. インターネットを用いた情報検索、情報を検証する
4. 情報を運用する、情報を正しく取り扱う
5. 情報の安全性を確保する
6. 数値分析とは
7. データを加工する
8. データを分析する
9. データ分析実習
10. データベース概要、データベースからデータを取り出す
11. データベース作成実習
12. ファイルを整理する
13. ファイルの様々な性質を知る
14. ファイルをやり取りする
15. ファイルをメンテナンスする

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

情報技術の基礎的な事柄について演習を通して学びます。また、eラーニングを活用し、予習と復習により理解を深めていきます。

試験と成績評価

科目の到達目標に関する基礎的な知識については、期末試験によって評価します。また、情報を使いやすく整理、管理し、必要に応じて適切に活用する基礎的な事柄については、授業中に指示するレポート課題とあわせて評価します。

担当教員から受講生諸君へ

科目の到達目標に到達するために、毎時間、必ずノートをとり、授業内容とテキストの内容を良く理解する事が大切です。また、適宜、授業中に指示するレポート課題に取り組みます。

使用教材

教科書:『情報活用力』,noa出版
参考書:『大学生のための基礎情報処理』,小関祐二,共立出版、その他、随時、授業内で紹介します