Topトップへ

保育・教職実践演習(幼稚園) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育・教職実践演習(幼稚園)担当: 萬 司・高島 裕美

開講コース

保育学科 2年次 後期

目的と内容および到達目標

この科目は、これまで教職課程の履修を通じて習得してきた教員として必要な資質能力の総仕上げとして、演習により主体的でかつ体験的・実践的に協働した学びを通して、教員として必要な実践力を多角的に身につけることを目的としている。講義だけでなく、グループ討議やロールプレイング(役割演技)、模擬授業など多様な形態の授業を通じて、これまで学んだ知識や技術をより精度の高いものにすることを目指している。

到達目標は以下のとおりである。
・教職の意義、教育の理念など、学校教育に関する基本的な事柄を理解ができる。
・子どもに関する心理・発達論的な理解や子どもの状況に応じた対応方法等を理解し発表できる。
・教科・教育課程に関する基礎知識・技能が身についている。
・自らの役割を見つけ、与えられた役割をきちんとこなし、他者と協力して課題に取り組むことができる。
・子どもや保護者に対応できるコミュニケーション能力を身に付けることができる。
・教材開発、授業の構想・展開等の実践的な能力を身に付けることができる。

授業計画

[後期]
1.オリエンテーション
2.教職の意義、教員の役割や職務内容(講義)
3.   〃        (グループ討議)
4.幼稚園教育要領と教育課程 (講義)
5.   〃     (グループ討議)
6.学級運営、学級PTAの進め方(講義とグループ討議)
7.教育環境づくり(講義とグループ討議)
8.行事の意義とその進め方、食の指導(講義とグループ討議)
9.幼稚園(教育環境)現場の見学・調査
10.危機管理について (講義)
11.  〃  (グループ討議)
12.教科指導力の向上について(講義)
13.教員の研修と自己評価について(講義)
14.指導要録の作成と取り扱いについて(講義)
15.総括Ⅰ 各自の成果と課題(自己評価・発表)
16.オリエンテーション
17.子どもに対する責任、教育的愛情等について(グループ討議)
18. 社会性や対人関係能力について(グループ討議)
19.保護者、子ども、職場、地域との人間関係構築(グループ討議・ロールプレイング)
20.基本的な生活習慣の形成について(講義)
21.幼児の理解、幼児の褒め方・叱り方(グループ討議)
22.障がいのある幼児の理解と指導(グループ討議・ロールプレイング)
23.保育内容の指導力について (講義)
24.   〃     (グループ討議)
25.   〃   (ロールプレイング)
26.幼児の図画工作(グループに分かれての模擬授業)
27.幼児の体育(グループに分かれての模擬授業)
28.幼児の音楽(グループに分かれての模擬授業)
29.模擬授業の反省・まとめ(グループ討論)
30.総括Ⅱ 各自の成果と課題(自己評価・発表)

単位数

演習2単位、授業回数:30回

講義の進め方

講義、グループ討議、ロールプレイング、模擬授業などを行う。
又、授業を通じて学んだ成果を発表し合う。

試験と成績評価

グループ討議における発表の様子、レポートなどの提出物、ロールプレイング・模擬授業などでの発表内容等に基づき総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

これまでの学びの総仕上げとして、自らの課題意識をしっかりと持ち、真摯な姿勢で臨むこと。

使用教材

授業の中で適宜配布、紹介する。