Topトップへ

現代経済論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

現代経済論担当: 髙橋 晃平(たかはし こうへい)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 後期

目的と内容および到達目標

本講義の目的は前期の経済学で学んだ知識に加え、現代の経済現象がどのような動きとなっているかを平易に解説する。
特に1929年以降の世界経済の変化と公共事業による各国の経済および財政の変化について解説し、今後の経済成長の可能性を検討する。また、自由貿易と保護貿易の理論、経済統合は可能なのか、バブル以降の日本経済の低迷とその対策は可能か、外国為替市場と為替相場の変動や各国政府・中央銀行の金融政策など現実の経済現象の理解を深めることにある。
また、各講義の前半10分程度は時事問題と現実経済の動きを説明する。

到達目標は以下のとおりです。
・現代経済のしくみが理解できる。
・日本と諸外国の経済関係が理解できる。
・自由貿易と保護貿易の論拠が理解できる。
・地域発展(町おこし)の経済学が理解できる。
・経済関係の新聞やニュースを見て世界経済の動きが理解できる。

授業計画

[後期]
1.修正された資本主義とは
2.公共事業と経済効果の関係は
3.自由貿易の理論
4.保護貿易の理論
5.経済統合の理論-TPPとは何か
6.国際通貨制度のあゆみ
7.バブル以降の日本経済の低迷とその対策は可能か
8.為替レートはどのように決まるか
9.円高・円安とはなにか
10.通貨の切り下げの効果と意味は
11. なぜ米ドルが基軸通貨なのか
12.日銀の果たしている役割とは
13.日銀の量的金融緩和政策とは
14.国債が増え続けるとどうなるのか
15.少子高齢化と地域活性化のための経済学

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

上記の順番で原則的に講義を進めるが、進度によって前後する場合もある。講義の始めに前回の授業の要点を復習する。また必要に応じてプリントを配布し、それをもとに解説を行う。各週の講義ともその要点を明確にし、さらに時事問題ではその解説も加えたい。

試験と成績評価

1.試験評価:試験は教科書、板書、講義の範囲から行う。また、小テストを数回行い、総合して評価する。
2.宿題・ノート評価:授業中に宿題を課し、ノートの提出を指示する場合があるのでノートは必ず毎回持参すること。これも試験点と併せて評価する。

担当教員から受講生諸君へ

本講義は現代経済の現状を学ぶことにある。このため経済理論と現実経済とがいかにかかわりを持っているかを理解出来るよう講義する。
受講学生は現代経済の現状を理解してもらいたい。また同時に積極的に学ぶという姿勢で受講するのを望んでいる。質問はいつでも受け付けます。全体に関係あるものは講義で、個人的な質問は授業終了後に説明します。

使用教材

教科書:教科書:栗原昇著「わかる経済のしくみ」ダイヤモンド社、1,543円
参考書:主要な参考書を紹介する。
資料:資料は授業中に適時紹介し、必要に応じて重要な部分をプリントして配布する。