Topトップへ

英語(国際コミュニケーション) | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

英語(国際コミュニケーション)担当: ウォング・スッピン、森永 治之介

開講コース

保育学科 2年次 前・後期

目的と内容および到達目標

本講座では、保育に関する英単語や英語の子どもの歌を学びながら英語に慣れ親しみ、英語が苦手と感じる学生でも楽しく英語を学習することのできる環境を提供します。受講生は、外国人講師と日本人講師の授業を各班1学期ずつ受講し、英語学習の2つの異なるアプローチを体験します。外国人講師の講座では、ネイティブスピーカーとの触れ合いを通して積極的に英語を使う姿勢を養います。身の回りにあるものの名前など簡単な事柄を、日本語訳を通さず英語のみで理解し使用できるようになることを目指します。日本人講師の講座では、言葉によるコミュニケーションを通して自己を如何にして表現するかを考えながら、コミュニケーション・ツールとしての英語の考察・習得を目指します。欧米的なものの見方・考え方に触れるため、洋画・洋楽を鑑賞します。

到達目標は以下のとおりです。
・あいさつなど、簡単な英語を理解し話せるようになる。
・簡単な事柄は、日本語訳を通さず英語のまま感じられる(理解できる)ようになる。
・英和辞典を使用し、知らない事柄の意味等を自分で発見できるようになる。
・多少難しい英語表現は英和辞典で調べながら日本語に訳し理解できるようになる。

授業計画

[前期](スッピン担当期)
1. オリエンテーション
2. Ch.1 Children’s Garden
3. Ch.2 The First Day of Internship
4. Ch.3 Out We Go!
5. Ch.4 Splish, Splash
6. Ch.5 Pancake Day
7. Ch.6 Read Me, Tell Me Stories
8. Intermission: Peppa Pig Stories
9. Ch.7 Activities with Watermelon
10.Ch.8 Happy Birthday
11.Ch.9 Children at Play
12.Ch.10 Baby News
13.Ch.11 The Tooth Fairy
14.Ch.12 The Green-Eyed Witch
15.Review of the Semester

[後期](森永担当期)
1. オリエンテーション、あいさつの表現
2. 英語を学ぶ意義(?)、欧米的エッセイの書き方
3. My Neighbor Totoro 知らないことに興味を持つ
4. 趣味の表現
5. 英和辞典の使い方(I)、動物ゲーム
6. 英和辞典の使い方(II) 、Scavenger Hunt
7. Multiple-Meaning Words 辞典で探そう!
8. 時間の表現・日常の行為
9. ドラえもん 漫画における英語表現
10.カタカナ英語 Japanglish?
11.道案内(I)
12.Curly Sue 洋画に見る子供と社会問題
13.道案内(II)
14.Tinker Bell 「自己」の発見
15.まとめ・総復習

単位数

2単位、授業週数:30回 Bシフトは前期と後期が逆になる

講義の進め方

テキスト及び資料に沿って耳(聴く)・口(話す)・目(読む)・手(書く)の全技能を総合的に訓練する。
個人作業、ペア作業、グループ作業を随時取り入れる。

試験と成績評価

学期ごとに、課題(英語・日本語での小論含む)、小テスト、及び学期末試験(授業内実施)の結果に、受講態度(積極性)を加味して評価する。最終成績(通年成績)は前期と後期の各評価の平均とする。

担当教員から受講生諸君へ

英語(国際コミュニケーション)は、幼稚園教諭免許取得のための必修授業なので、意欲と努力をもって授業に参加すること。

使用教材

テキスト:『Children’s Garden – English for Early Childhood Care and Education Majors』(赤松直子著)成美堂
資料:授業にて適宜配布、英和辞典必須(電子辞書も認めるが、必ず5万語程度収容の書籍辞書を用意すること);和英辞典推奨