Topトップへ

中国語コミュニケーションⅠ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

中国語コミュニケーションⅠ担当: 藤田 守、網谷 義男

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 前期

目的と内容および到達目標

中国語学習の初級者にとっては、中国語の「音」の把握が当面の重要課題となる。確かなコミュニケーション能力を身につけ、生きた言葉として中国語を運用するためには、第一に正しい発音と基本語彙、構文力をひとつひとつ確実にする必要がある。従って、発音の仕方を充分理解し、「聞く」「発音」の動作をくり返し「音」に慣れることに、授業の力点を置く。
到達目標は以下のとおりである。
・中国語の発音の原理を理解し、具体的な二、三の音節を聴き取り発音することができる。
・いくつかの平易なあいさつ言葉を理解し、場面に応じて適切に使うことができる。
・限定的ないくつかの場面において、ごく平易である程度まとまった日常会話を聞いて理解することができる。

授業計画

1.ガイダンス、
中国語コミュニケーションでめざすこと
2.発音①声調・単母音
3.発音②複母音
4.発音③子音
5.発音④鼻母音
6.第1課の単語練習・あいさつの表現
7.第1課の本文解説・はい・いいえの表現
8.発音・第1課の総合問題
9.第1回~第8回のまとめ
10.第2課の単語練習・「的」の表現
11.第2課の本文解説・副詞「也」「都」の表現
12.第3課の単語練習・動詞述語文の表現
13.第3課の本文解説・指示代名詞の表現
14.第2課・第3課の実践練習
15.第11回~第14回の総合問題

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

教科書の会話の内容に沿って演習を進めていく。正しい発音の基礎を作り、ピンインの読み方、書き方をマスターする。同時に、テキストの音声教材をよく聴き、復唱して、音声から自然な中国語を学習する。そして、基本的な文型事項を学習し、それらを運用して簡単な日常会話練習をする。最後に、ディクテーション(書き取り)によるヒアリングの訓練を行って完成となる。
以上から、今週の復習と次週の内容の予習は、テキストのCD音声教材をよく聴き、復唱し、音声から自然な中国語インプットする方法で実行する。これを前提に実践練習では読み書きのみならず聞き取りや会話技能養成を含んだ演習課題に取り組むが、できるだけ消化不良にならないよう、状況に配慮して進める。

試験と成績評価

成績は授業の参加姿勢(聞く、話す、読む、書く4技能練習および総合練習)、小テストなどの評価から総合判定する。これらの状況に応じて担当教員が必要と判断した場合は、課外レポートの提出を求めることがある。
なお、携帯電話やスマートフォンなどの移動式携帯端末の無断使用および教員の指示に従わないものは退場させ欠席と扱う。全授業回数の2/3未満の出席の場合はF評価の対象となる。

担当教員から受講生諸君へ

演習は消化不良にならないよう状況に配慮して進めるが、語学科目1単位の取得には授業と自習を合わせて最低45時間が必要であると定められている。よって、短い時間の中で効果的な授業を行うためにも、授業計画に基づく予習や復習が求められる。NHKテレビ中国語講座なども活用しイメージを喚起すること。

使用教材

教科書 :『さあ、中国語を学ぼう!会話・講読』 竹島毅・趙昕 著(白水社)
参考書 :特に指定しない。必要があれば授業中に紹介する。