Topトップへ

文章表現法 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

文章表現法担当: 橋本 信(はしもと まこと)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 前期

目的と内容および到達目標

人間は言葉を通して知り、言葉を通して表現することを大切にする。正確で表現力豊かな文章を理解し、書く
ことは人間として大事な素養である。
学生として求められる理解力と表現力の基礎を修得することがこの授業の目的である。この授業ではレポート作
成の基礎的な力量を身につけることが基本的な狙いとなっている。
日本語に関する基礎知識と論理的で明快な文章表現を学習し、文章表現力を高める演習問題を取り入れながら、より一層正確で効果的な日本語表現力の基礎を身につけることを目標としている。

到達目標は以下のとおりである。
・日本語表現の基礎的な知識と読解に関する基礎的な力量を持っている。
・レポート作成に必要な基礎的な知識と技能を持っている。
・プレゼンテーションに必要な基礎的な知識と技能を持っている。

授業計画

[前期]
1.授業ガイダンス
2.テキストの読み方①;日本語の表現方法・句読点・段落
3.テキストの読み方②:接続表現・小テスト1
4.テキストの読み方③:論理的思考・小テスト2
5.テキストの読み方④:要約表現・小テスト3
6.レポートの書き方①:作文・小論文・レポート・卒論
7.レポートの書き方②:レポート・論文作成の基本
8.レポートの書き方③:レポート作成の実例・レポート1
9.レポートの書き方④:資料の探し方と使い方・図書館の使い方
10.レポートの書き方⑤:課題レポートの作成
11.レポートの書き方⑥:課題レポートの実例・レポート2
12.発表の仕方①:発表の基本
13.発表の仕方②:プレゼン原稿作成
14.発表の仕方③ :プレゼン練習
15.論理的思考の表現

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

パワーポイントを活用しての説明と質疑応答を行いながら、そして小テスト、レポートの作成、プレゼン原稿の作成の取組みを基本にして授業を進める。

試験と成績評価

授業時での応答、様々な取組みの達成状況などを総合して評価します。成績評価の比重として、授業レポート30%、小テスト20%、レポート・プレゼン50%を予定しています。詳細は初回授業時に説明する。

担当教員から受講生諸君へ

学生として欠くことのできない力を身につける授業ですから、常に真剣に取り組むことを求める。

使用教材

教科書:『大学生 学びのツール』改訂版 拓殖大学政経学部編(2013)
参考書:『プレステップ基礎ゼミ』川廷・川野辺・岩井(2011)弘文堂、『よくわかる学びの技法』田中共子編(2009)ミネルヴァ書房、『大学生 学びのハンドブック』世界思想社編集部(2008)世界思想社、『大学生のための基礎力養成ブック』小棹他著(2012)丸善出版、『スタディ・スキル入門』天野他(2008)有斐閣、『この1冊できちんと書ける 論文・レポートの基本』石黒圭(2012)日本実業出版社