Topトップへ

地域振興ビジネスコースの進路サポート | 拓殖大学北海道短期大学

地域振興ビジネスコースの進路サポート

編入実績

主な協定校・指定校一覧

※年度により指定校の変動があります

区分 大学名 学部名
  拓殖大学 商学部
政経学部
国際学部
協定校 玉川大学 経営学部
北海学園大学 法学部
経済学部
経営学部
敬愛大学 経済学部
指定校 亜細亜大学 経営学部
東京経済大学 現代法学部
経営学部
国士舘大学 政経学部
札幌学院大学 経済学部
札幌大学 経済学部
淑徳大学 国際コミュニケーション学部
横浜商科大学 商学部

編入実績データ

  • 拓殖大学[商学部] 2017年17名
              2016年17名
              2015年13名
                                          2014年22名
              2013年24名
        [政経学部]2017年10名
              2016年14名
               2015年11名
              2014年19名
              2013年41名
        [国際学部]2017年6名
              2016年2名
              2015年6名
              2014年7名
              2013年7名
  • 北海学園大学[法学部] 2016年1名
                2014年1名
          [経営学部]2016年1名
                2015年1名
          [経済学部]2017年2名
                2016年4名
                2015年4名
                2014年1名
                2013年3名
  • 旭川大学[経済学部]  2016年1名
  • 北海道医療大学[リハビリテーション科学部]2016年1名
  • 東北学院大学[経済学部]2014年1名
  • 亜細亜大学[経営学部] 2014年1名
  • 嘉悦大学[経営経済学部]2014年1名
  • 国士舘大学[政経学部] 2016年1名
  • 玉川大学[経営学部]  2014年1名
  • 東京経済大学[経営学部]2014年1名
                2013年2名
  • 創価大学[通信教育部] 2016年1名
  • 沖縄国際大学[経済学部]2015年2名

就職実績

1年次より実施しているガイダンスや就職希望者へのさまざまな対策講座など、学生一人ひとりの希望に沿った就職支援を徹底して行っています。また独自の情報収集に加え拓殖大学就職部との連携により豊富な求人情報が集まり、本学より東京の拓殖大学へ編入した北海道出身学生のUターン就職についてもサポートしています。

過去就職率(過去3年間)

  • 2014年度 92.9%
  • 2015年度  100%
  • 2016年度 100%

分野別進路実績(過去3年間)

金融・保険業13.3%/サービス業23.3%/公務6.7%/農林水産業6.7%/運輸業3.3%
製造業3.3%/卸売・小売業26.7%/情報通信業10.0%/教育・学習支援業3.3%/宿泊業3.3%

実績データ(過去3年間実績)

日本郵便㈱/北空知信用金庫〈深川市〉/猿払村役場〈猿払町〉/ふたば税理士法人〈旭川市〉/空知商工信用組合〔奈井江市〕/㈱西條(稚内市、中富良野市)/㈱ウェルネスフロンティア JOYFIT〔帯広市〕/㈱オカモト JOY-Café〔札幌市〕/きたそらち農業協同組合〔深川市〕/㈱米倉商事〈滝川市〉/㈱インテリジェンスビジネスソリューションズ〔札幌市〕/㈲八幡鮨〈東京都〉/㈱花千郷〈栃木県〉/㈲イルシャン〔深川市〕/㈲三景スタジオ〈旭川市〉/トヨタカローラ道北㈱〔旭川市〕/㈱エー・チーム〔東京都〕/㈱プロフェッショナル・ネットワークス/住友生命保険相互会社〔札幌市〕/㈱すし善〈札幌市〉/㈱Wiz〔札幌市〕/㈱カネボウ〔旭川市〕/㈱ホリ薬局〔滝川市〕/長谷川ホールディングス㈱/日本メディカルプロダクツ㈱〔旭川市〕/㈱ホンダベルノ旭川〔旭川市〕/陸上自衛隊〈旭川市〉

拓殖大学編入学生の就職先(過去3年間実績)

警視庁/東京地下鉄(株)/(株)メイワスカイサポート/ハラダ製茶(株)/丸三証券(株)/明治屋(株)/日清丸紅飼料(株)/日立オートモティブシステムズ(株)/ルートインジャパン(ホテルルートイン)(株)/深川商工会議所/(株)類設計室/(株)ビックカメラ/(株)はなまる/(株)ヨドバシカメラ/(株)ノジマ/(株)オーム電機/アルミファクトリー(株)/シティコンピュータ(株)/(株)バンケット・プランニング/昭栄建設(株)/(株)ACN//(株)エフティコミュニケーションズ/(株)エフティコミュニケーションズ/(株)こどもの森/千葉日産自動車(株)/RGF SelectIndia PrivateLimited/津田産業(株)/(株)サウザンドクレイン/(株)システムクルー/東京アライブエステート(株)/(株)タウ/(株)テクノサーキュレーション/(株)トランスコスモス・テクノロジーズ/(株)にしけい/(株)ポイント/(株)ユーズカンパニー/(株)ライフランド/(株)関東マツダ/(株)小泉/(株)東京コンピュータサービス/(株)木下不動産/(株)鈴木スプリング制作所/東港サービス(株)/陸上自衛隊一般

就職対策講座、編入生の4年後のUターン就職サポートも万全です。

資格取得

知識・教養の幅を広げ就職に有利な各種資格取得を積極的に支援します。

卒業時に取得できる資格

資格名(認定期間)

資格の内容と取得方法

ビジネス実務士

ビジネスの基礎知識やプレゼンテーション能力、情報処理能力などを有するものに対し全国大学実務教育協会が認証する就職に有利な資格のひとつです。ビジネス専攻フィールドで取得をサポート。

情報処理士

情報専攻フィールドの所定科目を履修することで取得できる、全国大学実務教育協会認定の資格です。情報処理技術やビジネス・ソフトウエア技術、プレゼンテーション能力を有する証となるもので、就職に有利です。

本学で受験できる資格(合格者には受験料の一部が補助されます)

資格名(認定期間)

資格の内容と取得方法

コンピュータサービス技能評価試験
(中央職業能力開発協会主催)

職場でのコンピュータ操作に求められる個人の即戦力を、的確に評価できるものとなっています。就職活動時に自分の“能力証明”として活用できます。厚生労働省”YESプログラム”認定資格です。

次の各部門に合格しますと、「技士」の称号が与えられ、合格証書が授与されます。
■ワープロ部門
■表計算部門
■オフィスドキュメント部門

中国語検定
(日本中国語検定協会主催)

近年、経済的にも文化的にも、中国の重要性は高まっており、今日の社会において中国語並びに中国語検定試験はますます重要な位置づけになってきています。中国語検定は、中国語学習の成果を判断する客観的な評価基準として社会に受入れられています。

漢字能力検定
(日本漢字能力検定協会主催)

国語の基礎学力だけでなく、学習姿勢に対する評価材料としても着目されています。また、漢字の知識の習得によりワープロ操作の効率化が期待できることなどから、企業の中でも注目されている資格です。

P検
(パソコン検定協会主催)

ワープロや表計算などに特化せず、情報コミュニケーション技術の利活用能力を総合的に評価する資格試験です。幅広い知識やスキルを証明できます。厚生労働省”YESプログラム”認定資格です。

資格取得を支援している資格(合格者には受験料の一部が補助されます)

資格名(認定期間)

資格の内容と取得方法

実用英語技能検定(英検)
(日本英語検定協会主催)

実社会で役立つ、「世界レベルの英語力」を測る資格試験です。40年以上の実績がある検定試験で、現在は年間約250万人が受験している国内最大規模の英語検定試験です。試験は7つの級に分かれており、自分の目指す目標を身近に設定し、無理なく確実に実力を延ばしていくことができます。

TOEIC
(国際ビジネスコミュニケーション協会主催)

TOEICテストは和文英訳、英文和訳などの技術ではなく、身近な内容からビジネスまで幅広くどれだけ英語でコミュニケーションできるかということを測ります。また、世界約60ヶ国で実施され、取得したスコアは「世界共通の基準」として活用することができます。企業においては様々な場面で評価の対象としており、自己の英語スキルのアピールに有効です。

簿記検定(日商簿記)

簿記の知識は、企業における現在や将来の利益を計る財務諸表や企業会計の法規を理解し、経営管理・経営分析を行うための基礎技能です。この技能の修得により、事業収支の分析や企画書の作成などさまざまなビジネスシーンで活用できます。多くの企業が採用や人事異動の判断に活用し、自己啓発としての取得を求めています。厚生労働省”YESプログラム”認定資格です。

ビジネス能力検定
(文部科学省後援)

社会人に必要な仕事の能力を客観的に評価する試験です。社会人に必要な基礎能力や仕事の実践力が評価されます。上位の級では、ビジネスリーダーとしてのマネジメント能力が試されるものもあり、順にステップを踏むことで着実に仕事に結びつくスキルを身につけることができます。厚生労働省”YESプログラム”認定資格です。

 北海道観光マスター検定
(北海道商工会議所連合会主催)

合格者には「北海道観光マスター」の称号が与えられます。道内観光についての知識向上、観光振興への意識とホスピタリティ精神(おもてなしの心)向上を図る目的の試験です。観光専攻フィールドで取得を支援しています。