Topトップへ

ビジネス実務総論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

ビジネス実務総論担当: 川眞田 政夫 (かわまた まさお)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 後期

目的と内容および到達目標

職場で積極的に働くためには「なぜ働くのか」「組織とは何か」など基本的なことを理解する必要がある。それは、現場で「うまく働く」ことのTPO(Time,Place,Occasion)に適合した「言動ができること」につながる。しかし、それは「心構え」だけでは不十分であることから、理論に裏付けられた思考力が必要となる。
本科目ではこの点を意識して講義を行う。

到達目標は以下のとおりである。
・「モチベーション」「リーダーシップ」といった職場で必要な基礎的概念について理解できるようになる。
・ビジネス動向のポイントについて理解できるような基礎的知識を身につけられるようになる。
・就活に際して今後の職業人生を考える上で参考となる知識を身につけられるようになる。

授業計画

[後期]
1.ビジネスと経営資源
2.社会と企業
3.企業の目的
4.企業の種類
5.企業会計
6.経済の働きと日常生活
7.バブル経済とリーマンショック
8.グローバル社会
9.職場におけるモチベーション
10.ライフプランとキャリアプラン
11.社会保障と労働
12.地域振興とボランティア
13.インターネットとビジネス
14.知的財産権
15.変化する日本の職場環境で身につけるべき基礎知識と対処法

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義とロールプレイング形式(現実に近い場面を設定して、学生にある一つの役割を演じさせることによって、その役割の特性を自ら学び、現実に立ち向かう問題解決能力を身につける演習の技法)で進める。

試験と成績評価

単元毎のレポート(50%)、最終の課題レポート(30%)授業に取り組む姿勢・意欲(20%)を総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

本科目は、2年次配当の「ビジネス実務演習」や「経営学総論」「現代企業論」と密接な関連があり、いわば基礎的科目ともいえる。この点を十分留意して受講することが大切である。

使用教材

教科書 :使用しない(適宜プリントを配布)
参考書 :稲葉祐之他『キャリアで語る経営組織』(有斐閣)、竹信三恵子『幸せに働ける社会へ』(岩波書店)、常見陽平『普通に働け』(イースト・プレス)、児美川孝一郎『キャリア教育のウソ』(筑摩書房)、森岡孝二『雇用身分社会』(岩波書店)、水原道子・大島武編著『ビジネス実需総論』(樹村房)