Topトップへ

総合英語IV | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

総合英語IV担当: 白戸・藤岡・平尾

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 後期

目的と内容および到達目標

年次も後半となり、今期において新たな英語の目標を検討している学生もいるであろう。これは、大きなチャンスであり、英語の実力を資格試験の合格や留学への参加により更に向上させたいと思う学生もいるだろう。この科目は、基礎力から大学生になり、初めて学ぶような語彙や表現も盛り込んである。「単に単位が取得できればよい」という学習姿勢から「英語を使って現在、及び将来、何をするのか?」という積極的な思いが必要である。

 到達目標は以下のとおりである。
・応用的英文法を深く理解し、より深く文章の意味を理解することができる。
・より複雑化した社会や深みのある文化に関する英文を読み、その意味を理解することができる。
・発展的な新聞記事など、より複雑化した社会に関する英文を読解することができる。
・多岐にわたる語彙、発展的な常套句を理解することができる。
・発展的な用法を使用した英文を作成することが出来るようになる。

授業計画

[後期]
1.基本的な助動詞 (must,should構文と練習問題1)
2.基本的な助動詞 (have to構文と練習問題2)
3.基本的な助動詞 (翻訳と語彙演習)(教師と医師)
4.受動態の応用 (現在形の構文と練習問題1)
5.受動態の応用 (過去形や未来形の構文と練習問題2)
6.受動態の応用 (翻訳と語彙演習)(日本における災害)
7.基本的な助動詞と受動態の応用(音読中心の復習)
8.基本的な助動詞と受動態の応用(筆記中心の復習)
9.S be Cの複雑化の例(不定詞構文と練習問題1)
10.S be Cの複雑化の例(関係代名詞構文と練習問題2)
11.S be Cの複雑化の例 (翻訳と語彙演習)(喫煙と広告)
12.S be Cの複雑化の例(音読を中心とした復習)
13.S be Cの複雑化の例(文法を中心とした復習)
14.S be Cの複雑化の例(語彙や表現を中心とした復習)
15.S be Cの複雑化の例(筆記を中心とした復習)

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

クラス別に授業を行う。各クラスには、共通の教科書に加えて、クラス別に教材を使用する。原則的には教科書の内容に準じて授業を展開する。ただし授業は使える英語を身につけることが目標なので、声を出し、繰り返し練習する。また自宅学習も欠かせない。

試験と成績評価

学生の授業に対する参加の度合いが力の向上と密接に関連しているとの認識で、普段の成績を授業態度、及び小テストの形で評価に加える。また、小テストでは、総合的な問題を作成して評価する。
やむを得ない理由以外の欠席は、しないこと。また、遅刻もしないように注意すること。

担当教員から受講生諸君へ

実際に通用する英語を身につけることを目指すわけだから、本人が努力することが基本で、教員はあくまで、その手助けとしかならない。そのことをしっかりと認識すること。

使用教材

教科書 :昨年度に使用した教科書『In Plain English』佐藤 誠司 著(南雲堂)を使う。
昨年度の続きから学習する。