Topトップへ

食品・農産物流通論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

食品・農産物流通論担当: 村上 良一(むらかみ りょういち)

開講コース

環境農学 2年次 後期

目的と内容および到達目標

本講義は、規制緩和が進行する現下の農産物流通の特徴や課題について明らかにすることを目的とする。そのために最初に流通論の基本的な講義を数回程度行い流通に関するイメージを与える。続いて特殊、食品・農産物流通に関する講義を行う。

到達目標は以下のとおり。
・流通一般の意義や基本的な仕組みについて理解し、説明できるようになる。
・農産物流通について基本的な理解ができ、説明できるようになる。
・主要な農産物の流通の具体的な仕組みについて説明できるようになる。
・ブランドの概要など農産物販売戦略に役立てられるような基礎的知識が身につけられるようになる。

授業計画

[後期]
1.前半は、講義の進め方や関連学問分野)紹介など。後半は流通論の基本に関する講義を行う
2.小売業・卸売業・商業といった流通に関わる基本的概念や社会的意義などについて講義を行う。
3.日本の商業・流通の発展史をたどりながらスーパーに代表される流通の現在について講義を行う
4.農産物流通の独自性について特に農協共販の意義とその課題についてふれながら講義を行う。
5.流通再編下、改めて確認されるべき卸売市場の意義とその課題について講義
6.近年問題になっている食品廃棄ロス問題に関わる事例紹介のDVD視聴とこれに関する解説講義
7. 食の変貌とビジネスチャンスとしてのミールソリューションについて講義
8. ブランドと販売戦略に関する概説
9. 第8回講義を受けて農産物ブランド戦略に関する講義
10.食管制度廃止以降“一般商品化”が進行する米の流通について講義
11. アジア産輸入品激増下で競争激化が進行する青果物の流通について講義
12.消費上限なき農産物ともいわれる花卉の流通の現状と課題について講義
13.加工型畜産から畜産物輸入激増へと変貌したもとでの畜産物の流通についての講義
14.食の安全・安心(表示問題を含む)と農産物流通の課題について講義
15.日本における今後の農産物流通の展望に関する講義とこれに関する事例紹介

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

講義スライドを映写しながら、講義を行うことを基本とする。また、講義の内容理解を深めるため、数回程度、参考資料として解説を加えながらDVD視聴を行うことを予定している。

試験と成績評価

中間レポートと期末の授業中に実施する小テストの合計点で評価する。

担当教員から受講生諸君へ

予習は、食品流通に関わるニュース、スーパーや外食産業、農協の経済事業などについて注意を払っておくこと。復習は講義スライドと講義ノートをよく見直しておくこと。

使用教材

教科書:使用しない
参考書:藤島廣二他『新版 食料・農産物流通論』(筑波書房)、坂爪浩史『現代の青果物流通』(筑波書房)、『現代流通入門』加藤義忠他(有斐閣)、原田英夫他『ベーシック 流通と商業(新版)』(有斐閣)