Topトップへ

作物栄養生理学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

作物栄養生理学担当: 岩間 和人(いわま かずと)

開講コース

環境農学 2年次 前期

目的と内容および到達目標

作物は人間が植物の中から選び育成してきた。作物の能力を発揮させるためには、作物が成長して収穫物を生産する過程で生じる生理的な現象を理解する必要がある。本講義では、作物成長の基本原理である光合成や養水分吸収などの仕組みを学ぶとともに、作物に対する環境条件の影響を理解して、収量と品質を高めるための栽培方法を考えてもらう。
到達目標は以下のとおりです。
・光合成と養水分吸収および植物ホルモンの原理を理解できる。
・環境条件が作物の生理と成長に及ぼす影響を理解できる。
・これらの基礎的な知識を基にして、作物の収量と品質を高めるための栽培方法を立案できる。

授業計画

[前期]
1.作物の起源と日本への伝播
2.葉の構造と光合成の原理
3.圃場での光合成
4.光合成産物の転流と貯蔵
5.根の構造と土壌中での分布
6.水分吸収の原理
7.水分ストレスの測定方法
8.養分吸収の原理
9.肥料の種類と施肥方法
10.根粒による窒素固定と堆肥の役割
11.植物ホルモンの種類と活用方法
12.作物成長に及ぼす環境条件の影響:日長と温度
13.作物成長に及ぼす環境条件の影響:光量とCO2
14.作物成長に及ぼす環境条件の影響:養水分
15.収量と品質を高める栽培方法

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

授業計画に沿ってプリント(参考資料)を中心に講義する。毎回の講義の最後に10分程度の小テストと最終回に期末テストを行う。

試験と成績評価

授業への参加状況、小テスト、期末テストにより総合的に成績を評価する。

担当教員から受講生諸君へ

作物成長の基本は光合成と養水分吸収です。農業者の目的とする高い収量や品質を得るためには、光合成と養水分吸収の原理を理解して、栽培方法を工夫する必要があります。光合成や養水分吸収の原理は複雑ですが、できる限り易しく説明しますので、判らないところはどんな素朴なことでも良いので質問して下さい。

使用教材

適宜プリントを配付
参考書:『園芸学の基礎』鈴木正彦(農文協)、『見てわかる農学シリーズ3.作物学概論』大門弘幸(朝倉書店)、
    『作物栄養のしくみ』高橋英一(農文協)