Topトップへ

教育原理 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

教育原理担当: 高島 裕美(たかしま ひろみ)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

最近、学校・教育にかかわる問題についての報道をよく耳にする。それどころか、“さまざまな社会問題の原因は学校・教育にこそある”といったような言い方がなされることさえある。このような状況下で、「学校・教育とは何か」を改めて考えることは、将来人間の成長にかかわる仕事に就く受講生らにとって不可欠なことではないだろうか。
本授業では、これまで教育学が築いてきた教育の意義・目的に関する理念・思想や、現在までの学校・教育制度の歴史的変遷を理解すると同時に、受講生がこれまで受けてきた教育を振り返りながら、これから教育者/保育者として人間とかかわるうえでベースとなる教育に関する基礎的知識を身に付けることを目指す。
特に、現在の学校・教育にかかわる諸問題を取り上げ、学校(教員)・家庭・地域といった多角的な視点で問題解決の糸口を探す活動を通して、受講生一人ひとりが「学校・教育とは何か」を再考し、それらに対する課題意識を持ち、よりよい教育活動の実現に積極的に取り組むことのできるような力量を身に付けることを本授業の目標とする。
到達目標は以下のとおりである。
・教育の意義・目的を理解し、正しく説明できる。
・教育に関する基礎的な理論、代表的な教育思想について理解し、正しく説明できる。
・学校・教育の制度とその歴史的変遷について理解し、正しく説明できる。
・現在の学校・教育をめぐる課題について考察し、その解決方策を述べることができる。

授業計画

1.「教育」について学ぶ前に①:自分たちが受けてきた教育を振り返る
2.「教育」について学ぶ前に②:遺伝と環境(DVD鑑賞)
3.「教育」について学ぶ前に③:教育学の思想と歴史的変遷、教育の定義
4.教育の意義と目的:教育を受ける権利、教育の義務性・無償性・中立性
5.学校・教育の制度①:義務教育の制度、保育・幼児教育の制度、特別支援教育の制度
6.学校・教育の制度②:教員制度、教員に求められる専門性・力量
7.学校・教育の制度③:教員集団・学校組織の特徴と変化、学校組織マネジメント、「チーム学校」
8.学校・教育の制度改革の歴史①:戦後~1990年代
9.学校・教育の制度改革の歴史②:2000年代以降
10.現代の教育・学校の課題とは何か①:いじめ、学力問題、教育―職業の移行の困難
11.現代の教育・学校の課題とは何か②:学校におけるさまざまなリスク
12.現代の学校に求められる役割①:学校での多職種連携、リスク・クライシスマネジメント
13.現代の学校に求められる役割②:学校と家庭・地域との連携・協働
14.現代の学校に求められる役割③:学校と行政との連携・協働
15.学校・教育の課題を解決するために:自分なりの方策を考える

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

基本的には講義形式で進める予定だが、ひとつの事例について全員で議論するなど、受講生それぞれが自分の考えや意見を述べる機会を多く取りたいと考えている。

試験と成績評価

定期試験(90%)、ディスカッションの内容や様子等授業への参加状況(10%)

担当教員から受講生諸君へ

これまで受講生は、「教育を受ける(学習をする)」立場で教育にかかわってきた。しかし将来は、多くが教育・保育の仕事に就くことによって、今度は「教育をする」立場で教育にかかわることになる。この授業では、「教える者」「学習する者」双方の立場を行き来しながら、「教育」という営みを客観的に捉える姿勢を養う。重要語句や用語を覚えるだけではなく、自分の頭で考え、自分の意見を持ち、それを表現することを意識して授業に臨んでほしい。

使用教材

教科書:特に指定しない。
参考書:授業の中で、適宜紹介する。