Topトップへ

クリーン農業論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

クリーン農業論担当: 田中 英彦(たなか ひでひこ)

開講コース

環境農学 1年次 後期

目的と内容および到達目標

20世紀は大量生産・大量消費の時代となり、農業においては食の安全・安心が危ぶまれるとともに、環境に及ぼす負荷が増大し、このままの近代化には限界が見えてきた。本講義は、このような視点で農業の現状を理解するとともに、今後目指すべき21世紀の農業である環境保全型農業「クリーン農業」の理念と具体像を学ぶ内容とする。

到達目標は以下のとおりである。
・人類の農耕開始から現代に至るまで、農業が環境とどのようにかかわってきたかを正しく認識できる。
・急速に近代化した農業がどのような環境問題を抱え、これからの農業がどうあるべきかを理解できる。

授業計画

[後期]
1.農業と環境の関係    :そもそも農業とは何か、環境とは何か
2.環境農学とクリーン農業 :環境保全型農業(クリーン農業)とは何か
3.農耕の起源と発展    :人類はどのように環境を作り変え、動植物を操り始めたか
4.文明の興隆と衰退    :文明はどのように環境や土壌を悪化させ、文明は自ら衰退したか
5.拡大を続ける人類の活動 :18世紀の産業革命によって農業や食料生産はどう変化したか
6.化学肥料の発明と普及  :化学肥料が農業をいかに変え、そして農業環境に影響をもたらしたか
7.化学農薬の発明と普及  :化学農薬が農業をいかに変え、そして環境に悪影響をもたらしたか
8.日本の食料・物資の収支  :日本の食料需給の不均衡、日本の輸出入の不均衡
9.欧米の農業環境政策   :アメリカの低投入持続的農業、EUの農業環境政策
10.日本の農業環境政策   :環境保全型農業の始まり、食の安全安心・規格・表示の取り組み経過
11.農業の規範・基準     :農業にも規範・基準の時代、GAP、ISO、HACCP、JAS、YES!clean
12.有機農業とは何か    :有機農業の理念、作物生産技術、普及の現状
13.クリーン農業の基本   :クリーン農業を始めた背景・目的、クリーン農業推進の手法と経過
14.クリーン農業の技術   :YES!cleanに集約されたクリーン農業の作物生産技術の概略
15.環境行政と環境関連法令 :時代とともに整備、発展してきた日本の環境法と環境政策

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

毎回配布するプリントをベースに進める。毎回、小テスト方式の「授業参加カード」を書いて授業への集中力を維持するとともに、各自の授業出欠と授業内容の理解程度を確認する。
講義中の私語、携帯電話の操作、教室の無断出入り、はしないこと。

試験と成績評価

毎回の授業参加カードと授業終了後の期末試験によって到達目標への到達程度を測定し、成績評価(素点)とする。この科目の単位を取得するには、授業を聴き、要点や考え方を的確に把握することが必要である。 

担当教員から受講生諸君へ

本科目は、「知識の習得」より「農業のあり方を理解」することを主眼としているので、常に考える姿勢を持って講義に臨み、授業終了後は毎回プリントを熟読し、その趣旨を理解すること。

使用教材

教科書 :プリントを毎回配付する。
参考書 :『クリーン農業時代』相馬 暁監修(チクマ秀版社)、『北海道いま農業が面白い』『2020年農業が輝く』相馬 暁(北海道新聞社)、『クリーン農業導入手引き書』北海道農政部編(北海道農業改良協会)2002