Topトップへ

地域振興論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

地域振興論担当: 川眞田 政夫 (かわまた まさお)

開講コース

環境農学 1年次 前期

目的と内容および到達目標

本講義では地方が抱えている課題ついて、学術的な視点と実践的な視点から地域振興を検討することを目的とする。日本全体で人口が減少し、地域が衰退していく中で、現在、各自治体は人口と地域創世の計画を立てるように求められている。今後、どの地域で生活する上でも地域の振興を考えることを避けられない。講義とグループワークを通じて地方が抱える課題について考える。

到達目標は以下のとおりである。
・地域とは何かを理解できる。
・各地域が抱える課題について理解できる。
・意見の多様性が問題解決には必要なことが理解できる。

授業計画

[前期]
1.地域振興とは何か・授業の進め方
2.概念と歴史1:日本における地域振興の歴史
3.概念と歴史2:人口減少と地域振興
4.概念と歴史3:地域が発展するとはどういう意味か
5.概念と歴史4:地域の発展は誰が担うのか
6.地域振興の事例1:人口が増えている地域と減っている地域
7.地域振興の事例2:人口が少なくても成り立っている地域
8.地域振興の事例3:観光地の課題を考える
9.地域振興の事例4:観光と聖地巡礼
10.地域振興の事例5:都市と地方の対立?
11.レポート1:地域の差を考える
12.レポート2:対策は地域毎に違う
13.レポート3:人に伝える話し方と発表
14.レポート4:前提の共有と発表
15.レポート5:フィードバックを得るための話し方と発表

単位数

2単位、授業週数:15回

講義の進め方

毎回、講義とグループワーク、発表の3つから授業時間を構成する。講義では毎回の課題の提示、グループワークではグループ毎に意見交換、その後、各グループが結果の発表を行う。

試験と成績評価

グループワークのまとめとその発表(50%)、最後にグループで作成するレポート(30%)、レポートの発表で評価する。グループワークで発表をする学生は評価に加点される。
また、最後に作成するレポートは貢献度に応じて成績に差を付ける。

担当教員から受講生諸君へ

地域毎に抱える課題は異なることから、普段から自分の出身地や居住地の情報を積極的に集める必要がある。
また、グループワークが中心となるので、他の人と協調性を持って課題に取り組む態度が重要になる。

使用教材

教科書 :使用しない
参考書 :適時紹介する