Topトップへ

情報科学 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

情報科学担当: 庄内 慶一(しょうない けいいち)

開講コース

地域振興ビジネス 1年次 前期

目的と内容および到達目標

本科目は、地域振興ビジネスコースの1年次の学生を対象とした基礎科目である。文系の情報科学の初学者にも理解できるように、視聴覚教材や具体例を用いながら情報科学の基礎知識について概説する。同時に学ぶ情報技術の基礎Iではパソコンの技術的側面を習得し、本科目においてはコンピュータの原理や歴史、インターネットの仕組み、コンピュータセキュリティといった情報処理の知識的側面の習得を目指す。

到達目標は以下のとおりである。
・コンピュータの原理や歴史、インターネットの仕組みやコンピュータセキュリティの基礎的な知識を備えている。
・情報技術の応用やデータ形式の基礎的な事柄について説明できる。

授業計画

[前期]
1.ハードウェアとソフトウェア
2.ソフトウェア、情報システム
3.情報の形態、情報蓄積の形態、クラウド環境の情報
4.検索エンジン、情報収集の技術、情報収集の応用
5.インターネットの概要、通信機能の階層化、IPアドレスの仕組み、パケット通信の仕組み、通信の経路を選ぶ仕組み
6.ソーシャルネットワーキングサービス、ブログ、電子掲示板
7.電子メール、ソーシャルメディア、電子書籍
8.レポートの作成と編集
9.情報のデータ化と分析・マイニング
10.モデルとデータ
11.確率的現象
12.プレゼンテーションの方法
13.セキュリティと法令順守
14.ICT活用の問題解決
15.ICT利用のアクセシビリティ

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

情報科学の基礎的な知識について講義を通して学ぶ。また、eラーニングを活用し、予習と復習により理解を深める。

試験と成績評価

コンピュータの原理や歴史、インターネットの仕組みやコンピュータセキュリティの基礎的な知識は、期末試験によって評価する。また、情報技術の応用やデータ形式の基礎的な事柄については、授業中に指示するレポート課題により評価する。

担当教員から受講生諸君へ

科目の到達目標に到達するために、毎時間、必ずノートをとり、授業内容とテキストの内容を良く理解する事が大切である。また、適宜、授業中に指示するレポート課題に取り組む。

使用教材

教科書 :『標準教科書よくわかる情報リテラシー』,技術評論社
参考書 :随時、授業内で紹介する。