Topトップへ

経営学総論 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

経営学総論担当: 我妻 公裕(わがつま きみひろ)

開講コース

地域振興ビジネス 2年次 前期

目的と内容および到達目標

ビジネスを学ぶ上で、企業と呼ばれる組織・事業体に関する基礎的知識は不可欠であり、しかも持続的に進化し続けている。これら企業の経営に関する仕組みや戦略などを理論的に学ぶことで、ビジネス社会で活躍する有為な人材としての役割を果たせるよう、課題解決能力の育成を目指す。
マーケティング、組織マネジメントなど、企業経営に必要な知識・技術を含めた、将来必要となるキャリアスキルを身に付ける。政治・経済の情勢とも深く関わることから、今日的な課題からも学ぶこととする。

到達目標は以下のとおりである。
・株式会社、多様な企業・組織の種類と特徴についての理解。
・マーケティングやマネジメントについての理解(販売戦略と組織管理)。
・SDGsへの取り組みの理解(企業の社会的役割)。

授業計画

[前期]
1.ビジネス・マネジメントの概要(経営することの意味)
2.企業経営①(会社の制度、種類、組織、活動)
3.企業経営②(社会、ステークホルダーとの関わり)
4.財務管理(金融市場、資金調達、財務諸表と計算書類等)
5.人的管理(労働市場、雇用、配置、社員教育・研修)
6.生産管理(製品市場、生産の仕組み)
7.経営戦略①(企業間競争戦略、戦略のフレームワーク:5フォース分析)
8.経営戦略②(マイケル・ポーターの競争戦略:3つの基本戦略)
9.マーケティング戦略①(マーケティングの基礎)
10.マーケティング戦略②(手順、4P分析)
11.経営管理①(組織、組織マネジメント)
12.経営管理②(組織構造の在り方)
13.日本的経営論(終身雇用、年功制、組合制度の変化)
14.現代社会における企業の役割(グローバル化、SDGs)
15.まとめ

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

基本は講義形式とするが、ケース教材(事例や新聞記事等)を活用した対話的学びによる、主体的で深い学びをねらいにした形態も適宜行う。
スライド、プリント、ワークシートの併用を予定している。

試験と成績評価

プリント、ワークシート、課題レポートの内容・完成度(60%)、小テスト(40%)を基本とする。
講義テーマの理解につながる積極的な発問、回答の内容も評価に加算する。

担当教員から受講生諸君へ

地球規模で社会が激しく変化する中、市場経済も予測できない変化を見せている。それに対し、企業は同業他社との差別化、異業種との共同開発など新たなマネジメントを展開し、メディアも取り上げる機会が多い。企業経営の課題と改善の学び(ケースメソッド教材)として捉え、学生相互間でビジネス創造の知見を高めて欲しい。

使用教材

教科書 :授業時に指示する。
参考書 :井原久光著『テキスト経営学 基礎から最新の理論まで(第3版)』(ミネルヴァ書房)
     加護野忠男・吉村典久編著『1からの経営学(第2版)』(碩学舎)