Topトップへ

音楽Ⅱ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

音楽Ⅱ担当: 萬・真保・松田・木村・中村・森永・渡邊

開講コース

保育学科 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

幼児教育に必要なピアノの演奏技能を身に付けることと基本的な音楽理論を理解することを目指す。
初心者の学生は楽譜の読み方、楽典などの基本から学び、1年の終了時には指定された練習曲を演奏できるようにする。経験者の学生は、実践的な子どもの歌や表現力の向上を目指して小品などを練習曲とする。また、選択する楽曲は学生個々のレベルに合わせる。
下記授業計画は初心者の学生を対象として、『初級ピアノ速習ステップス』に示されるSTEPの内容を参考にしたレッスンモデルである。実際のレッスンの進度や内容は、担当教員と相談し決定する。

到達目標は以下のとおりである。
・ピアノ演奏に必要な基礎的な音楽理論(楽典など)を理解し、練習曲で実践する。
・バイエルで指定された練習曲を修了する。
・実践的な子どもの歌の伴奏ができる。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション
2.高・低音部譜表の読み方 2度音程の曲 拍子
3.E~Gまでの音 3度音程の曲 重音奏
4.5度音程の曲 8分音符 変化記号
5.重音の曲 スケール(ハ長調)
6.ペダルの使い方 アンサンブル
7.6/8拍子のリズム・奏法
8.三連符の奏法、付点4分音符のリズム、三和音
9.スタッカート奏法
10.マーチ
11.ワルツ 3拍子の奏法
12.スケール(ハ長調、ヘ長調)3/8拍子
13.変奏曲 メゾスタッカート奏法
14.子どもの歌の弾き歌い
15.各自の成果と課題について

[後期]
1.子どもの歌の弾き歌い コード(C F G G7)の練習
2.スケール(ト長調) コード(G C D D7)の練習
3 スキップのリズム、コード(F BbC C7)の練習
4.16分音符の曲
5.変化記号を用いた曲・装飾音の奏法
6.テヌート・レガート奏、美しい表現              
7.表現のための曲
8.リズム・テンポを正しく、左右の手の交差
9.記号や標語に即して表現するための曲
10.記号や標語の意味を活かした演奏
11.装飾音の奏法、左右の手の交差
12.表情豊かな表現① アルペジオ
13.表情豊かな表現② ペダリング
14.表情豊かな表現③ 移調
15.発表会形式による実技試験

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

隔週で、個人レッスンとML教室での個人練習またはグループレッスンを実施。
・個人レッスンでは、ピアノの個人指導を受ける。1コマで6名程度の学生が受講する。
・個人練習またはグループレッスンでは、MLシステムを使用しながら練習する。

試験と成績評価

ピアノの演奏技能とそれらに関する基礎的な音楽理論を理解することが求められる。そこで、レッスンの取り組みや課題の進捗状況(20%)、授業中の定期的な実技試験や発表会の内容(80%)で評価を行う。

担当教員から受講生諸君へ

初心者の学生は、特に日々の練習を欠かさないことが必要。毎日30分程度の練習を継続的に行うことで、指定された練習曲を修了することができる。
なお、本単位が取得できない場合、2年次の教育・保育教育実習を行うことができないので、充分に留意すること。

使用教材

教科書 :『初級ピアノ速習ステップス』木許隆・土門裕之他(音楽の友社)
教科書 :『簡易ピアノ伴奏による 実用 こどもの歌曲200選』松山祐士編(ドレミ楽譜出版社)