Topトップへ

教育方法 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

教育方法担当: 保坂・萬・山田(英)

開講コース

保育学科 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

保育・幼児教育の場では、「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」「幼保連携型認定こども園保育教育要領」を基本として、「このような子どもに育ってほしい」という理想や理念に応じて様々な方法が創造され、実践されている。本科目では、保育・幼児教育の現場で行われているさまざまな保育・教育の方法に共通する基本的な考え方を学ぶとともに、個々の方法が目指している理念は何なのか、理念に達成するための手段としてそれらの方法は妥当か否かを批判的に検討する。また、それらの知識に基づき、情報機器を活用して保育現場での指導計画・指導案を作成する技能を身に付けることを目的とする。

到達目標は以下のとおりである。
・保育・幼児教育の「環境による保育」「遊びによる統合的指導」の内容を説明できる。
・指導計画・保育記録について理解する。
・現場で実践されているさまざまな保育・幼児教育方法のメリット・デメリットを理解することができる。
・指導案・指導計画を作成するための基礎的な知識と技能を身に付ける。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション:保育・教育の方法とは
2.「環境による保育」について
3.「遊びを通した総合的指導」について
4.領域環境のねらいと内容
5.領域人間関係のねらいと内容
6.領域健康のねらいと内容
7.領域言葉のねらいと内容
8.領域表現のねらいと内容
9.領域相互の関連について
10.幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿①:概要
11.幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿②:個別
12.さまざまな保育の方法①:レッジョ・エミリア
13.さまざまな保育の方法②:野育の会
14.さまざまな保育の方法③:森のようちえん
15.さまざまな保育の方法④:テファリキ

[後期]
1.教育要領に基づく教育方法の基礎理論と実践
2.教育要領、保育指針、教育・保育要領の共通性固有性
3.幼児期の特性に応じて育む「見方・考え方」の理解
4.環境を通した保育を目指す教育方法
5.幼児理解に基づく保育を構成する要件
6.指導案の作成Ⅰ(目標設定と指導計画の概要)
7.保育のための基礎的技術:話法・教材提示
8.指導案作成Ⅱ(指導展開の具体)
9.情報機器を活用した教材作成と提示
10.指導案作成Ⅲ(指導と評価の関係性)
11.情報活用能力を育成する指導法
12.カリキュラム・マネジメントの実際
13.評価の基本的な考え方
14. 「幼稚園幼児指導要録」等の作成
15.学校段階間の接続について

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

前期はワークショップ・グループワークを中心としたアクティブ・ラーニング形式の授業を、後期は指導案作成に関わる授業を展開する。

試験と成績評価

ポートフォリオ(50%)
指導案作成(50%)

担当教員から受講生諸君へ

保育・幼児教育について理解を深めることを通じて、講義を自分なりの教育観や保育者観を作っていく契機にしてほしい。

使用教材

教科書:幼稚園教育要領(平成29年3月告示 文部科学省)、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領、及びそれぞれの解説。
参考書:講義の中で適宜紹介する。