Topトップへ

子どもの保健Ⅱ | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

子どもの保健Ⅱ担当: 野坂 深雪(のさか みゆき)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

子どもの成長・発達や健康を守る保健活動、さまざまな病気の予防やその対応、心の健康や問題など子どもの健康の維持増進に必要な知識を身につけ安全管理ができる。
子どもの心身と健康を支え、本来持っている発達する能力が十分に発揮されるよう個性に沿った保育ができ、子どもの可能性をのばすことができる。

到達目標は以下のとおりである。
・子どものライフサイクルに沿った正常を把握することで異常を察知できる力を養う。
・子どもの心身の状態や生活のしかたを場面において観察でき、その結果を子どもの生活実践に反映できる。
・清潔で安全な環境が整えられ、子どもの発達過程に応じた生活リズムが作られるように援助することができる。
・子どもの疾病とその予防および適切な対応について学びを深めることができる。
・緊急時の対応や事故防止、安全管理について理解することができる。

授業計画

[前期]
1.保育における保健活動・健康管理の意義
2.身体計測の技術の実際
3.子どもの健康増進と保育の環境
4.子どもの生活習慣と心身の健康
5.子どもの発達援助と保健活動 沐浴・おむつ交換の実際
6.乳児への適切な対応 授乳の実際
7.体調不良や障害が発生した場合の対応
8.感染症の予防と対策
9.個別的な配慮を必要とする子どもへの対応
10.障害を持つ子どもへの適切な対応 DVD鑑賞
11.事故防止および救急蘇生法の習得 
12.AEDの取扱い BLSの実際 骨折時の対応の実際
13.保育における看護と救急処置
14.子どもの療育環境と心の健康問題
15.災害への備えと危機管理 心とからだの健康づくりと地域保健活動

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

教科書または配布したプリントに沿って講義する
計測や救急蘇生などの実習 事例検討

試験と成績評価

筆記試験(80%)小テスト及び授業中の態度(20%)で評価する。

担当教員から受講生諸君へ

子どもは自分の身におきた事象をうまく表現することができません。発達段階における正常がわかることで、観察によって、異常の早期発見・危険の予知ができる力量のある保育者を目指してほしい。実習や事例検討などを通して考える能力を養ってほしいと期待する。

使用教材

教科書:基本保健シリーズ11 子どもの保健Ⅱ 中央法規