Topトップへ

児童家庭福祉 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

児童家庭福祉担当: 小銭 寿子(こぜに ひさこ)

開講コース

保育学科 1年次 後期

目的と内容および到達目標

社会福祉領域の中でも保育士養成の基盤となる児童家庭福祉全般について学習する。ひとり親家庭や家族関係が
複雑な問題を抱える家庭、地域社会における様々な生活環境問題を理解し、法制度や支援サービスについて学ぶ。

到達目標は以下のとおりである。
 ・児童家庭福祉の領域を把握する。
 ・児童家庭福祉に関する各種利用施設を理解する。
 ・各施設・活用事業サービスにおける保育士の活動を理解する。

授業計画

[後期]
1.オリエンテーション -社会福祉の領域としての児童家庭福祉の現状
2.人口減少時代の子ども・家族・家庭福祉
3.児童福祉の理念と歴史
4.児童福祉法と関連法規
5.児童家庭福祉領域と各種施設
6.児童福祉領域における専門職の役割と保育士
7.子どもの貧困対策、子どもの権利に関する条約
8.養育問題;制度としての保育問題、ケアサービスの多様化
9.児童自立支援の課題;乳児院・情緒障害児短期治療施設・児童自立支援施設における養護問題
10.社会的養護;母子生活支援施設、児童養護施設、里親制度(家庭養護)
11.子ども虐待の発生予防とDV防止への支援
12.ひとり親家庭福祉と母子保健に関する保健医療福祉連携
13.障がい児支援における医療保健福祉・教育の連携
14.非行少年等への支援と教育・司法・福祉機関の連携
15.まとめ:試験の講評・振り返り

単位数

2単位、授業回数:15回

講義の進め方

授業計画に沿って講義形成で進めるが、資料や支援事例等も取り入れて、意見・感想や質問等に対応する。

試験と成績評価

成績評価は、毎回のリアクションペーパー20%、定期試験80%の総合点を評価とする。

担当教員から受講生諸君へ

人口減少時代の社会福祉の重点課題は次世代を担う子どもたちへの総合的な支援であり、子ども家庭に関わる保育士の役割は、多職種・多機関連携の要になってきている。時代の変化に敏感に、かつ国際的な視野を持って子ども家庭を取り巻く環境を概観することを望む。

使用教材

教科書 :「新・はじめて学ぶ社会福祉2 児童家庭福祉論[第2版]」ミネルヴァ書房 2017年3月刊
参考書 :「社会福祉小六法」ミネルヴァ書房