Topトップへ

保育相談支援 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

保育相談支援担当: 大和 正枝(やまと まさえ)

開講コース

保育学科 2年次 前期

目的と内容および到達目標

保育所や幼稚園で子育て支援が役割として位置づけられて、保育者には保護者からの相談に対応する力をますます求められるようになった。「相談支援」は日常の保育を土台とし、保育者と保護者の信頼関係を基盤といて機能する。それは経験年数に関わらず、すべての保育者が大切にしなければならない「保育や人との関わりのあり方」が含まれる。本講義では、保育を土台とした信頼関係の構築、カウンセリングを含む相談支援の基礎的知識を学ぶ。

到達目標は以下のとおりである
・保育相談支援の意義と基本について理解を深める。
・多様化する保育現場における相談内容について学び、保育の専門性を活かした支援のあり方を習得する。
・「相談支援」に関しての関係機関を知り、相談ケースの具体的な対応を学ぶ。

授業計画

[前期]
1.オリエンテーション(授業概要・保育相談支援とは)
2.現代の子育て環境と保育相談支援の意義について
3.子育ち・親育ち支援としての保育・教育相談
4.相談支援の基盤としての保育と保護者との関係
4.地域子育て支援の内容と相談支援の実際について(地域の子育て支援の現状を知る)
5.保育相談支援の基本と方法①(バイステックの7原則を通して相談支援の基本を学ぶ)
6.保育相談支援の基本と方法②(保護者との信頼関係構築―傾聴・受容・共感と自己決定)
7.グループワーク(保育者に求められる保育相談支援の意義と原則)
8.保育における相談支援の展開過程について(アセスメントから支援の終結まで) 
9.保育・相談支援を通しての親子関係支援について(保育者の専門性を活かして)
10.障がいや発達が気になる子どもと家庭への支援について
11.グループワーク(保育相談支援の事例検討)
12.関係機関との連携と協働による保育相談支援について
13.地域子育て支援における相談支援   ・0~5歳児の相談と支援の実際
14.特別な対応を要する子どもや家庭への相談と支援(子ども虐待・不適切な子育てに関わる相談支援)
15.保育相談支援における保育者の役割と専門性、今後の課題について

単位数

1単位、授業回数:15回

講義の進め方

保育現場における多様な保育相談支援の実際を事例を通して学び、保育士として求められる保育相談支援の意義・基本と方法を理解した上で、信頼関係に基づく援助技術を習得していく。事例検討、グループワーク、ロールプレイ体験などで実践力を養う授業内容を想定しており積極的な参加を期待したい。

試験と成績評価

授業中のミニレポート、グループ討議・授業参加状況(60%)期末レポート(40%)

担当教員から受講生諸君へ

近年保育現場では、子どもの育ちや親の子育てについての相談が日常的に発生し、保育者としての相談援助技術が求められている。保育の専門性を活かした保育相談支援の基礎と具体的な対応を学び、保護者支援や地域の子育て支援への力量を高め、周りから頼りにされる保育者になることを目指して欲しい。

使用教材

教科書 : シードブック保育・教育相談支援― 子育ち、子育てを支える(建帛社 太田光洋編著)
      保育所保育指針(平成29年公示 平成30年施行) 適宜プリントの配布
参考書 : 授業中に適宜紹介する